2012/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リス園




リス園にて






   そしてリス園へ。



  手袋をして、リスにひまわりの種をあげます。


  ウサギとモルモットも抱っこしました。



  レモンくん、たくさん歩いてたくさん遊びました♪
スポンサーサイト
no title




公園




  レモン君が、「すべり台~~~~」とうるさいので、公園に移動。



  こんな古代の住居みたいな遊具がありました。

  この横にすべり台がついていて、レモンくん大喜び。


  はにわの馬に乗ったり、ライオンとシマウマの遊具に乗りました。
公園




春分の日





   昨日、お隣の市の公園に行きました。


   まずは自然公園。 


   ハトにえさをあげて。




   きれいな景色を楽しみ。




   梅の花の下でお弁当。





   
   あ、ちなみにパパは用事で更に隣の町へ。


   そらと草色くんはお友達と遊ぶというので、私とモモとレモンくんの3人です。



   青い空がきれいでした。  



 
でたでた~
  生まれたての赤ん坊というのは、1時間おき~~~とか、

 とにかくう○○が頻繁。

  けれどレモン君のヤツは、5,6時間とか、1晩しなかったとか・・・・

 あらいい子ねえ~~とか思っていたら

 1日出してない

 と、さすがに心配したことも。

 助産婦さんは、心配ないわよ~~、そんな性格なのよ~~と笑っておられたので

 まあ・・・そんなものかなと安心していました。



   ところが・・・・

  1歳・・・・・ためにためて4,5日おきとか

  まあ出てるからいいかなあ・・・と。


  2歳・・・・あれ?1週間出してない

  その頃から時々病院に行って、酸化マグネシウムやら浣腸やらをもらう。

  夏が特にひどくなる。


  3歳・・・う~~んとちばるも出ない・・・というか・・・出す気がない

  以前、ちょびっと切れて血が出たことがあって、それからちばりたくない・・・

  という感じなのかもと思い当たり。

  いろいろサイトを見ると、先天性の腸の病気とかもあるらしい。

  でも赤ん坊の時は普通に出してたし、プーも出るしなあ・・。

  
    最近は、腸にう○○がたまらないように4日目には浣腸していたが・・

  浣腸が嫌で、あの手この手で逃れようとする

  言いきかせてもナシのつぶて。

  思い詰めて、パパに八つ当たりしたり


  浣腸すると、大きなブツが出ることがわかってきたのか、出た後は喜んでいる。


  先日はお風呂の中でう○○を出すことの大切さを言い聞かせたら、

  あれだけ嫌がっていたトイレに、すわってくれた。

  その日は出なかったけど


  昨日、もう今日は浣腸するよと言うと泣いて嫌がるので

  う~~んといつものようにちばり始めたところで

   「今、トイレでしておいで」

  と言うと、素直に入った


  まあ・・・正直、期待はしていなかったけど

   「出た?」

  と声をかけると


   「でたあ」

  と明るい返事が


  のぞいてみると、まあ・・・・デッカイものが

  直径5,6センチはあろうかと思われるほどの、しかも長い

  3日、4日分だから仕方ないけど。

  思わずパパにも見せた



  これからもトイレでしてくれるかな。

  もっと小さいのが毎日じゃなくても出るようになるといいな。



  う○○騒動・・・・

  これにて終焉


  ってなってくれるといいんだけどねえ

  そうなりますように
あれから1年・・・・
    震災から1年が経ちました。

   突然、大きく大地が揺れ、 

   穏やかな恵みの海が、たくさんの人の命を奪い去りました・・・。


   情報が少ない中、たくさんのご遺体が海岸に流れ着いたとテレビのテロップを見た時の

   衝撃が、今も忘れられません・・・。



   津波・・・と聞くと私は子どもの頃に見た「日本昔話」の中のある物語をいつも思い出します。

   東北のある海辺の村に住んでいる男性・・・・佐吉さんとしましょう。

   ある日、夜道を歩いていると、不思議な光景に出会います。

   それは・・・・

   たくさんの人・・・・透き通っていてきらきら光っています・・・が、次々と天に向かって

   まるで吸い込まれるように昇って行くのです。

   佐吉さんは怖くなって足早にその場を立ち去り、家に帰りました。


   翌日か、幾日か過ぎた頃・・・地震が起き、その後、波がはるか遠くまで引いていました。

   魚は乾いた浜で跳ね、貝や海草もどっさり採れ、村人は大喜び。

   ところが佐吉さんは見たのです。


   彼方から押し寄せてくる、見たこともないほどの高い波を・・・・。

   腰を抜かしながらも佐吉さんは、「逃げろ、逃げろ~~~!!」と

   村人たちに叫んでまわりました。

   あわてて高い山に全員が登った時・・・・・。

   巨大な波が、村を飲み込んでいきました・・・・・。



   あれから100年ほど経った現代でも、起きてしまった。

   人の手では消してしまえない、原子力発電所の事故というやっかいなしろものも抱えてしまいました。

   テレビでは決して報道されないことですが

   何百人もの方が事故の処理のために亡くなっています。

   それをまわりに話すなと、お金まで渡されて口を封じているというのは・・・

   本当でしょうか。

   瓦礫処理も大手の会社の儲けの対象になっているというのは、本当でしょうか。


   私たちも、便利な暮らしを求めたのですから全く罪がないとは言えません。


   川や海を汚し、空気を汚し、木を切り、動植物の命を奪い、そこに住む人々の命を奪い・・・

   子どもたちは自ら命を捨てて行く。
  
   それを止めることもできない。

   
   何か、間違っていませんか?

   そう今回の地震は、地球が私たちに訴えているような気がします。



   私たちはもっと、心豊かに人間らしく生きることが

   できるのではないでしょうか。

   便利になり、贅沢な暮らしを手に入れてもなお、

   買うことをテレビなどで促され、買うことを目標にしてしまう生活。


    私たちは、変わらなければならない気がしています。

   
   

   
主体的に☆
   私は、私が大好きです


   そう言える人は、どれだけいるでしょうか・・・。



   どうして自分のことが、あれが足りないとかできない・・・とか思ってしまうのかな?



   自分を本当に幸せにできるのは、自分しかいません。


   そして、幸せにしてもいいんです。

   幸せになっても、かまわないんです。

   誰でもその権利はあるんですから



    何が幸せになるのを妨げているのかというと・・・。




        たぶん、ですよ。



    あの人に、こう言われた


    あんなことをされた

    
    あんなことがなかったら、もっとこうだったのに・・



    という思いがあったり



    たくさんの、こうしなければ・・・という観念に縛られているから。

    世間ではこうだから

    とか、あの人にこう思われるから・・


    自分で自分を縛っている。

    そんなことが・・・・ない?



     人はみんな、完璧ではありません。


     自分もそうだし、他の人もそうです。



   自分がそうなんだから、人を責めるものではありませんよね?



    そして・・・・・・自分も、自分のことを責めてはいけません。


    そうじゃないですか?




   こんなことのせいで私はこうなった・・・・。



   ということがあっても



   自分をしあわせにする方法を、考えてください 
    


   人生を暗くするのも、楽しくするのも、自分です。


   すべては、自分が選択して行くのです



  日々、一瞬一瞬が、選択の連続です。



  しあわせになるための選択をして行って、


  しあわせになりましょう





   そうしたら、私は私が大好きです



  って言える人が増えて、みんながしあわせになります




   もちろん、その時は、みんながしあわせに




    っていう選択をするんですよ
    


  自分の行動、言葉、選択に、責任を持つことも大切です。


  人のせいにばかりするのも、しあわせにはなれません。


  自分の起きたことは、自分が選択したことだと勇気を持って引き受けて、

  主体的に



  しあわせになる選択をして行きましょう
たいせつなこと☆
    わたしたちは、お母さんのお腹から生まれてきます。

   
       そうだよ☆


        女性から生まれるんだよ☆


        ホントはそこに、大きな意味があるんだよ。



   この世は、権力とお金が幅をきかせているけれど

   


   本当は、優しさや慈しみや全てを包む包容力といった女性的な力が


   いちばん大切なんだということに

   世界は気が付きはじめています。


   時代はこれから変わって行きます。



      そんな気がします☆




   人はお母さんのお腹から生まれるけれど、

   お母さんは子どもがどんな顔でどんな性格でどんな生き方をするのか・・・

   決めることはできません。


      おまかせです☆


   私たちは、地球という星に生まれるけれど

   自分で決めた・・・・・んだろうけども

   忘れているというか


      おまかせです。



   太陽は、誰かがつくったわけではありません。


   月もいつのまにかありました。


   水のめぐみは、いうまでもなく


   風の動きを誰もコントロールできませんね。

   嵐に吹かれ放題^^

   地震の予測さえ未だできず。


   ただ、与えられた環境で生きている・・・

   
   太陽のめぐみ、水のめぐみ、植物のめぐみ

   
   宇宙のめぐみ・・・・


   わたしたちにできること


   それは、感謝すること。


   いのちを与えてくださった創造主という名の神に。

   そして

   この体を与えてくださった父と母に・・・・そしてご先祖様に。




   病気ばかりするのは、運が悪いのは先祖が迷ってるから・・・

   と、押し付けるのはよくありませんよ。

   たいがい自分のせいなんですから。 



   このお方のこの教えだけが世界を救う・・・・

   ということはありえません。 




   どれだけその人が真実に生きたか。


   ただそれだけです。





   何事にも感謝して生きていれば

   不思議とすべてうまく行きます。




   起きることにいいも悪いもありません。



   それを判断するのは、自分の心です。




    穏やかに日々を過ごして行きたいです。





   すべてに感謝です☆ 




       
        
さんがつ!!
    
    3月だあ~~~~~!!






   今日は雪解けのぐちゃぐちゃ天気だったけど、寒くなかった。



   陸上部の草色くんは、おともだちの代わりに駅伝に出場することになりました。


   同じクラスの仲良しさんなんだけど

   体育の授業のバスケットボールで手の指の骨を骨折して入院してしまったとのこと。

   近くの病院に入院中なので、今日もお見舞いに行っています。



   日曜日は雨模様の予報だけど、


   がんばってほしいです。



   ちなみに市内での小さな大会みたいですけどね。





   
   ようやく3月☆


   しばらくは寒暖の差が激しそうだけど

   春になるんだもの♪


   嬉しいな♪



プロフィール

まりあちゃも

Author:まりあちゃも
白うさぎ・・40代に突入! 元気に行きますよっ!
黒うさぎ・・ガラスの腰が悩みのタネ
そら色うさぎ・・中2 将来は作家!?
草色うさぎ ・・小5 ちょっぴり臆病な食いしん坊
モモ色うさぎ・・小2 気まぐれな元気娘です♪ 
るちあ   ・・コロコロ大好き♪のアメショーです。
レモン色うさぎ・・1歳☆ 我が家のニューフェイスです(*^^*)

最近の記事
最近のコメント
☆いつもありがとうございます!
最近のトラックバック
Blogpet

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
/y/ yumeirousagihrm/ file/20060302191803.gif
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してみました。 ポチッとクリックして下さい☆

FC2ブログランキング

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
タグリスト

ネコ オーラの泉 鹿児島弁 焼酎 新製品 おめでとう  ポケモン ブログペット エッセイ 鎌倉 

FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも一覧

■ ブログ名:ありすぼっくす
にほんブログ村
るちあにニャン!となりましたら ポチッ☆とお願いしまーす!ヽ(*^^*)ノ
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。