2006/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オーラの泉
  11月29日のゲストは、堀ちえみさん。

  *スピリチュアル・チエック

 *性格を一言で
    プラス思考です!

 *あなたの元気の素は?
    子どもたちとワイワイ笑っていること
 
 *とても穏やかな気持ちです。何をしていますか?
    月を見ています

 *気になることは?
    何度も生死の境をさまよったことがあります。そして今、生きていて
  自分は何のために生きているのかその意味を知りたいです。

苦しみの渦中にある時に美輪さんの著書を読み、勇気づけられたという堀さん
バラエティーで見せる笑顔とは全く違う、母としてひとりの女性としての素顔
を見せて下さった。

  「えーと、月を見ると穏やかな気持ちになるんですか?」
  「はい。月はお母さんという気がして大好きなんです。そしてようやく
 授かった女の子に 彩月 という名前をつけました。」
  「お子さんは、何人いらっしゃるんですか?」
  「16,15,14,6,4歳の5人で一番下だけが女の子です。」
  「朝とか大変じゃないですか?」
  「ええー、5時半に起きてお弁当を作って朝ごはんを作って、子どもたち を起こして食べさせて、送って・・仕事がなければ、お洗濯したりします」
  「へえぇ~!お子さんたちはケンカとか・・しませんか?」
  「しますよー、はい。」
  「子どもが多いとね、上の者が下の子の面倒を見たりね、ひとつの社会な のね。何かして叩かれたりして痛い思いをすると、他の子には痛い思いをさ せまいとする心が育つのよ」

  「元気の素は、子どもたちの声ってことですが」
  「ワイワイガヤガヤ子どもたちの笑い声に包まれていると、幸せな気持ち でいっぱいになります」
  「あのね、子どもの声って生命力そのものでね、こちらにも生命力を与え てくれるものなのよ。私は保育園の隣りに住んでいてね、うるさくありませ んか?ってよく聞かれるんだけれども、いえ、子どもの声大好きよって答え るのよ」
 「今、子どもへの体罰とか大きな問題になっていますけども」
 「子どもは、何も変わっていませんね、大人の鏡なだけなんですよ。食べ物
 もね、あふれているのに栄養が偏っていたり。日本人のDNAには肉を食べる
 習慣はないんですよ。ごはんの代わりにお菓子を食べさせたりね」
 「それにね、街に出るともうーーいたる所からガシャガシャ音がひどいでし ょ。高い音ばかりなの。流行の歌手とかも高い声で歌うでしょ?高い音が氾 濫してる。
  そして、服装! ダラーーンとしてお行儀が悪いのね。」
 「そう、それから武器を持つのにふさわしいような格好ね。髪型もそう。
 これはね、もういつどうなってもいい!っていう心の表れですね。」
 「景色もね、まるでゴミ箱をひっくり返したみたいでしょ、キツイ色とか
 看板とかごっちゃ混ぜで。」
 「そして人はみんな自分のエゴのためだけに生きてる。わがままで怠惰」
 「うざーい、だっさーい、だっるーーいってね!」
 「その社会全体が、今の問題を作っているんですよ」
 「すべてね、企業が悪いのよ。チョイ悪とかエロかっこいい、エロかわいい
 とかいうのがいいようにもてはやしてね。チョイ悪?ンナもん悪いのは悪いに決まってるでしょ!エロかわいい?エロなんてものはね、恥よ恥!
そんなものをカッコいいなんて言うのはやめなさいって言うのよ」
 「そんなね、情緒障害を起こすようなものを排除する努力をするべきです。
 企業、政治、学校がひとつになって、考えて行かなければなりません。」

 「はあ~、そうなんですね。それと私、質問があるんですが、よく自殺してしまうお子さんが、生まれ変わってやり直したいみたいなことを遺書に書いていたりするのが、とても気になるんですけど、どうなんでしょう」
 「生まれ変わりについてとても誤解していますね、それは。」
 「あのね、学校に一年生、二年生とあるように魂の勉強も段階があるのよ。
自殺するともう一度、一年生を最初からやり直しなの。おーーんなじ人生を」 「堀さん、今までの人生を最初から赤ちゃんからやり直したいですか?」
 「いいえ!絶対にイヤですね!」
 「そうでしょ?自殺するとそのままで時間が止まるんです。逃げられないのです。逃げたつもりがずっと囚われたままになる。だからね、たとえ這ってでも前に進んで生き抜くことです。そしたら次の扉が開くんです。」
 「自殺なんてね、損するだけなのよ」

 「また、いじめがすごく問題になっていますが」
 「いじめは何も今始まったものではなくてね、昔からあったのよね。大人の社会が、正にいじめ社会なんですもの」
 「社会にはね、いい人ばかりではないでしょう? 上司が部下を、同僚でも足をひっぱり合い、OL同士でもねえ、女性ならおわかりですよね」
 強くうなづく、堀さん。
 「大人の社会はね、いじめの連鎖なのよ。そしてね、私が言いたいのはね、いじめる人間は、人間の中でも下等。恥を知りなさいってことよ!」
 「いじめっていう言葉はもうやめませんか?」眉をひそめる国分さん。
 「そうですね、犯罪です。恐喝、窃盗、殺人そのものです。そしてね、今なぜオーラの泉という番組があるかということなんですが。
 それは、目に見えない世界があるんですよっていうことを伝えたい。
目に見えない、仏や神を畏れる心を失っています。後ろめたい気持ち、
こんなことをしたらバチが当たる・・・誰かが見ているという怖さが犯罪を抑える力になるんです。見ていないと思うから犯罪を起こすんです」
 「人が見ていない所では、何をしてもいいと思う。目に見えることしか気にしていないのね。あなたがしていることはみんなが見ているよってことよ。
ここだってほら、ここ、そこにあっちにもいろんな霊がいて見ているのよ。
天知・地知・我知ってね、天が知る、地が知る、我が知る・・天の仏が、地の
存在が、そして何よりも自分自身が、何をしているかをちゃんと知っているよって言う事。恥ずかしいことを全部ね。」
 「目に見えない、仏や神の存在、大きな存在があるということです。
私のように、霊が見えるといいんですよみんなね、そしたら何もできなくなりますよ!」
 あっはっは・・と一同笑う。

 「みんなが考え直して、反省しなければならない時期です。
 そして、それを早く実行に移さなければなりません!」

 「優しい、思いやりのある子に育ってほしいとみんな言うけれども、どうしたら人は優しく思いやり深くなるのか・・・それがわからないのね。
今は、過保護・過干渉でしょ? 兄弟のいない子が多い・・そんな中では絶対に育ちません! 」
 「子どもは、自ら経験し、体験することで感動が生まれ、そして思いやりが
生まれるんです。何よりも自分の心がわからないと人の心はわかりません。
自分の欲のゴリ押しの一方通行では、わかりようがありません。」
 「思いやりはね、想像力なのね。昔は想像力を養う教育があったのよ。
詩や俳句や本を読まなくなったから想像力が育たないの。それがないから
人をいじめたり、簡単に人を殺そうとしたりするの。」
 「あとね、一生懸命、守護霊様守護霊様って神頼みばかりする人には、メッセージは降りてきません。
その人が本や詩を読んで悩みを解決する努力をして行く中で、守護霊からのインスピレーションが本の中の言葉や詩の言葉に現れてくるものなんです」
 「ウザい、キモい、ダルいばかり言う人には起きないのよね。」

 「それとね、世の中が今とっても不真面目なのよ。 まじめな人がバカみたいな言い方をするのはやめなさい。
チョイ悪・エロ何とかいう、恥知らずなことをおだてあげるのはやめなさい。
企業から真面目になるべきです。
それから、女子高生がねあんな短いスカートで歩くのもね、欲をそそるような
恥知らずな行為ですよ。」 
 
 「社会全体が、もっと大人になるべきですね。 社会がひとつになって
大人になる努力をすること。そうすることによって、すべては落ち着いて
行くはずなんです」


  *オーラのカルテ
 
 「まずね、ご長男の方、ものすごく優しい方ですね。堀さんのことをいつも
心配していらっしゃいます。」
 「ああ、嬉しいです。そんな風に言って頂いて。」
 「自分たちのために働いてくれていることがわかっているのね。今の人は
自分の時間が欲しいからという理由で働く人がいるけど、子どもには全て伝わるのよね。家族のために働くのと、自分のためというのは全く違うのよ」
 「はい・・昔は何のために仕事をしているのかよくわからなくて、とてもつらかったんですが、今は家族のために働くことがとても楽しいです。
5人の子育ては大変ですが、意味があって授かったのだと思うし、苦労が今は
とても楽しいです」

 「人はね、自分のためには生きられないの。人のために生きるものなんですよ。必要とされていない人なんて、ただの一人もいないんです。」
 「そうですね・・私は、重症のすい臓炎で生死の境をさまよって、助かった時、ああ・・死んでもおかしくない病気だったのに生きている・・これは生かされているんだなあと感じました。」
 「それは、それを気づかせるためのお勉強だったのよ。あなたにとっては生かされているっていう事実を、子どもたちには、お母さんがいなくなったらどうなるかっていうことを知らせるためのね。」
 「はい・・正にそう思います」

 「堀さんの前世なんですが・・・月がお好きと言いましたが、暗い感じの月が好きではないですか? 後、暗い感じの水辺の風景とか」
 「はい。暗い方が好きです。それで私子どものことがすごく心配なので前世で子どもを無くしたのではないかと思っているんですけど」

 「ええと、ヨーロッパのね・・ウイーンです。そこで嫁がれた先が、酒蔵のあるお金持ち。そこでとてもご苦労されています。
そしてね、お子さんが男のお子さんで、跡取として取られ、あなた一人だけが追い出され、あなたは修道院に入られました。嫁ぎ先と修道院は近くにあってあなたはどうにかして子どもに会おうと、いろいろ環境を整えたり努力していました。
 だから、お子さんを絶対に離すまいとされましたでしょ?」
 「はい!もう自分は死んでもいいから、子どもたちと暮らしたいと思いました」
「そしてね、自分の子ども以外の子どもたちのことが、かわいいでしょ?」
「はい、もうみんなかわいいですね」

 「堀さんはこれから、社会のこどもたちやその母親たちを教え導くという
役割を担っていますよ。そのために今日、ここへいらしたんです。」
 「わあ! とても嬉しいです。がんばります!」



 いじめ、自殺を防ぐには、企業や社会全体が大人になって真面目になることだという。 なるほど!!
真面目にお行儀よく! いつからそれを平気で外れるようになったのだろう。今こそ、本当の価値観を打ち出して実行して行くべきなのだ!!

 見えない仏・神の存在を意識することもとても大切なのだ。
恥知らずな行為をちゃんと見ている存在、自分の行為を恥ずかしいと思う心。
本当のあるべき心を取り戻す時なのだ!

 堀さんは、とてもしっかりとした考えを持ち、それをちゃんとした言葉で
伝えられる方だった。
これから、どんどん活躍してほしいと思う!! 

 
 
  


   
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : オーラの泉

どんぐり家族
 昨日、小学校では学校内だけの・・つまり、児童だけのお祭りが行われた。
一年生から六年生までのすべてのクラスが、それぞれイベントを行う。
文化祭みたいなものね。
そらのクラスは、クイズ大会。
草色くんのクラスは、割り箸てっぽうを作る。
 案内図に、回ったクラスのスタンプをもらう。
草色くんは、そらのクラスでクイズに答え、一年生のクラスで焼き芋を食べ、
一年生の他のクラスで、どんぐりの作品を作った。
そして、体育館で「サスケ」をし、低学年の№1の記録を作ったらしい。
最後に4年生のクラスで「ほぼ100円ショップ」に挑戦!!
見事、100円を当てたらしい。
お友達の方は、「ピッ!これは、100円ではありませ~ん!」
で、ヘンなスタンプを押してもらったという。(≧m≦)ぷっ!
 自分のクラスに、お客さんがいっぱいきてくれてとても嬉しかったそうだ。何だか、「キッザニア」みたいだね。

  *ほぼ100円ショップ・・・「はねるのとびら」という番組の中の
    コーナー。
 ゲストが100円の品物と高価な品物を当てる。失敗したら自腹で高価な品 物をお買い上げしなくてはならないのだーー。

  *キッザニア 
 ららぽーと豊洲にある。子どもたちが消防士や銀行員や店員など、職業を
 体験できる所なのだ。

 
  こちらは、一年生のクラスで、草色くんが作ったもの。

 題して 「どんぐりの家族」


    
   

061129_1324~0001.jpg


 拡大すると、ちょっとボヤけるのですが・・・

   
061129_1320~0001.jpg


  どんぐりには、ドン、グリ、マツ、ボー、クリ という名前がついて
 いるらしいです。
それぞれ、家族をイメージしているそうです。o(^▽^)o


  ねえねえ、誰か忘れてしませんか?

  ドキッ!! Σ(~∀~||;)

 あたしがいないぢゃないのぉーーーっ!!

  ((“o(>ω<)o”))クヤシイー!!


    061128_1143~0001.jpg


 暴れてやるぅーーーっ!!

  o(>_< *)(* >_<)o ジタバタ

 ご機嫌ななめの、るちあさんでした~!

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

お知らせ☆
  もうすぐ、師走ですね~!

 年賀状の季節ですね~!!

 そろそろ、年賀状を作らなくちゃ・・・。

     そこで!

 ちびうさぎ一家からの年賀状がほしい方!

 限定 10名様 に限り、送らせて頂きます!!

  コメントにお名前を書いて、「秘密」の欄をポチッ☆として下さいね。

 のちほど、抽選結果をお知らせします☆

 もちろん、秘密欄にて☆

  ヽ(*^^*)ノ

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

すべり台
   土曜日に、書くはずだった記事なのだーー。
幼稚園のバザーの後、公園に行ったのだ。
ここには、斜面を利用した、長くて結構急なすべり台があるのだ。
さっそく、すべり台に走って行くちびうさぎたち。


   061125_1504~0001.jpg

 
  あっ、大変!! 草色くんが気絶してる!

  あるあるさんとこの、探検隊を呼ばなイカン!!


                        なんちゃって!

    061125_1506~0001.jpg


  結構、急でしょ?  そらが転んでます(笑)。


   
061125_1503~0002.jpg


 そして、エッサホイサと斜面を登ります。
何度も何度も、すべって遊んだ、ちびうさぎたちなのでしたーー!!


  
061126_1438~0001.jpg


 そんニャものには興味ないのニャ。
 サッカーがあれば、天国なのニャ~!!


 (^ー^* )フフ♪
激しいサッカー選手の動き、速くて白いボールの動きが大好きなのよね!
もう、目がクギ付けな、るちあなのでしたーー!

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

消毒に行きました
  朝、モモを幼稚園に送ったら、担任の先生が
 「大丈夫?モモちゃん!」
と、さっそく心配して下さっていた。
何でも、そのでっかいバンソーコーのため、「冷えピタ」と思っていたらしいけど。 (≧m≦)ぷっ!
 「あのねー、サ○○でぶつけたの」
と説明したモモ。
さっぱり要領を得ないであろうので、連絡帳に細かく書いた。
それで、ようやくわかってくれたらしい。
 
 お迎えに行くと、ママたちに説明。
そして2時半に、病院に行く。
 次から次へと、インフルエンザの予防接種の依頼。
よーーーうやく名前を呼ばれて中へ。
すると、丸いスチールのイスにズラリと左腕を剥き出しにして並ぶ人・人。
先生が、一人一人、チクリチクリと注射して行っていた。
その合間に、診察室に戻って診察。
いや~、忙しいわー。
予防接種も大変ねーー。
  うちですか?

 うちは・・・予防接種したことはありません。
効き目に不安があるのと、副作用の問題などなど・・・。
金額もバカにならないし。
私に言わせれば、胃腸炎の予防をしたいよ~!!
去年は、私とモモだけがかからなかった。
ビィフィズス菌が腸内にたくさんあるとかかりにくいと知り、ヨーグルトや
サプリメントでせっせと取り込んだのだ。
そのおかげ・・かどうかはわからないけど。
かかった人には、マスク着用!!を強要した。
今年は家族全員、ビフィズス菌を摂らせるぞーーー!!
うがい・手洗い・ビフィズス菌じゃーーっ!!

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

仲間!
  
 やあみんな!!  
     
  ボクは、ゲーージと言うんだ、ベイビー!!
 今日から、ちびうさぎ一家の仲間入りさ!


   061126_1407~0001.jpg



  さあ~、るちあくん!! ボクの中へ入りたまえ~~!!遠慮しなくていいぞ!!


   061126_1400~0002.jpg


  ああ、そんなちんまり固まってないで!
  リラックスリラーーーックス!!


  ま、ぼちぼちボクの良さをわかってくれれば、それでよいぞぉー!!

  はっはっはっはっはーーーーっ!!


   061126_1401~0001.jpg


   
    こんにちは!
  わたくし、マダム・ホ・オーン と申します!

 
 わたくしの中に、お鍋を入れて頂ければ、なんがーーーい時間をかけて
お料理をおいしくおいしくして差し上げますわよ~ん[


 (*゜ロ゜)ハッ!! 

 何かがわたくしの中に!!  ネ、ネズミかしら!? 
 ああ、どうしましょう!!  ..・ヾ(。><)シ  


  誰か、誰かネコを連れてきてぇーーーっ!!
  あ、あら?あらあら・・・・ネ、ネコ?

  ん、んまあ・・いいですわ。ネコちゃん、わたくしが

 あったかーーーくして差し上げますわ~ん!!  (涙) 
 

    

   061126_1400~0001.jpg


  わっはっはっは!!

 しましまるちあくーん!!

 キミを末永く包んであげるよーーー!!

 待っているぞーーーーぉ!! 
061126_1403~0001.jpg


   包んで差し上げますわ~ん!!

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

tag : ネコ

救急車に乗りました
  モモは、まだ食欲はないけれど、食べても吐くことはなくなった。
    (´▽`) ホッ よかったあ~!!
私を含め、家族も大丈夫。
いや~、以前パパが腹膜炎の手術後半年で腸閉塞を起こして入院した時、
子どもたちが次々とかかって吐いて・・・。
お見舞いに行けなくなり、義弟の弘道おにいさん(佐藤ぢゃないのよ)に
荷物を持って行ってもらったことがあった。
その時は、私までかかって・・・。c(>ω<)ゞ
もう、胃腸炎はこりごり~!!

 今日は、幼稚園のバザーの日。
私は12時からお手伝いに入った。
モモのクラスは、手作り品や製品の販売。
ちょうど半額セールを始めるところだった。
それでも売れない物は、投売り状態。
私も、1200円のシーツを100円、500円のバスタオルを50円で購入した。
後片付けをちょっと手伝って、2時に幼稚園を後にする。

 その後、近くの大きな公園ですべり台をしたり、バドミントンをしたりして
サ○○にモモのくつを買いに行くことにした。
途中で、救急車が通った。
 「あたし、救急車に乗ったことないよー」
と、そらが言い出した。
 「そんなの乗らない方がいいんだよ。」
そういう話をしながら、お店に到着。
モモのくつを探しながら、私とそらはふらふら~とダヤンやトトロやいろいろなキャラクターの雑貨コーナーへ。
いろいろ見ていると、草色くんが走ってきた。
 「ママ、モモが泣いてるから来て!」
というので、くつのコーナーへ行ってみると・・・・。

 Σ(・o・;)  ( ̄△ ̄;)エッ・・? (*゜ロ゜)ハッ!!

モモの額の真中から血が・・・・

 パパの話によると、くつを試着しようと履いているくつをぬごうとした時、
それまでなかった場所にカートを置いた人がいて・・・。
そのカートにお尻をぶつけた勢いで、目の前にあったくつをたくさん置いてある棚を乗せている木の台の角で、額をぶつけたそうだ。
木の台は、とがっていた・・・・。
子どものすぐ近くにカートを置くなんて!見回してみたけど、カートは見えなかった・・・ぶつけ逃げか?
まあ、その人がぶつけたわけじゃないし・・・。
モモがぶつけた現場を見ていなかったかもしれない。
また、木の台の角がとがっていたのも問題かもしれない。
 パパが店員さんに言うと、店員の女性がとても心配してくれて、すぐに保健室に案内してくれた。
そこで男の人が来て詳しい事情を聞き、医療担当の?人が来て、傷を見てくれた。土曜の夕方なので、どの病院も診察していない。
なので、救急車で大きな病院に行くことになった!
そらが乗りたい!と言った救急車に、まさか乗ることになるなんて!!
モモは、救急車と聞いて、
 「入院しない?」
とものすごく怖がった。
 「入院はしないよ」
と何度も説明して、ようやく安心した。 (^ー^* )フフ♪
サ○○の荷物を搬入する所に救急車が到着して、そこへ案内された。
 モモと私、そらと草色の4人で救急車に乗った。
そして、何も買うことなくサ○○を離れ、大和市にある大きな病院に着き、モモを診察してもらう。
モモの傷は、角にぶつけたため1cmの底辺の三角形に穴が開いているように見えた。 
縫われるのかなーと思っていたら、荷物を固定する平たいビニールテープを細くしたようなテープを2本傷口をくっつけるように硬く貼っただけだった。
後になって、吐き気やいつもと違う行動をするようだったら、また来て下さいと言われた。
 今のところ、何の問題もない。
かなり強くぶつけたと現場を一人だけ目撃していたパパは言う。
その後、うずくまって額を押さえていたそうだ。
痛い思いをしたねー、モモ。
私がそばにいたら、その人はカートをそこに置かなかったかもしれないね。
 保険証を持っていなかったため、その場は自費となる。
2万5千円・・・・。(*゜ロ゜)ノ (ノ゜⊿゜)ノ
医療証があるので、全額戻って来るのだが、びっくりな金額だった。
 その後、8時過ぎにサ○○からTELLがあって、状況を話した。
何かしてくれるのかなあ・・・。
あんな木の台でケガをするなんて。
救急車に乗るハメになるなんて!
世の中、何が起きるかわからない・・・・。
061117_2011~0001.jpg


 大変なのニャ。モモのおでこにでっかいばんそーこーがあるのニャ。
あれ、食べられるのニャ?


               食べられないよ、るちあ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

お休みが10人!!
 モモは、朝にじーちゃんのお土産のさつまあげを少し食べて・・・
吐いちゃったぁ・・。 
 でもその後は、味噌汁やおにぎりを少しずつ食べて、大丈夫になった。
このまま、すっきり治ってくれるといいんだけど。
おじいちゃんの、もうひとつのおみやげ、かるかんも少し食べた。
草色くんは、かすたどんを楽しみにしていたのだが・・。
 「入ったお店に、かすたどんはなかったんだよ」
と、申し訳なさそうに言ったおじいちゃん・・・。
ぢーちゃん、かすたどんは、「さつま蒸気屋」さんにしかないんだよぉーー。
 
 さてさて、モモは幼稚園をお休みしたのだが、
その後、コトちゃんママにメールしたら、すごいお返事が返ってきた。
コトちゃんも、モモと同じ水曜日の夜に発病。
何と、今日は10人もお休みしたそうだ!
前の日に、仲良く遊んでいたメンバーがことごとく同じ病気で。
今、全国的に胃腸炎が流行っているそうだ。
本来ならば12月くらいに流行り出すそうだが、今年は早くてそして数が多い
そうだ。
それにしても、一度に10人って!
感染源は・・・何?
そして、ひとりのママが子どもから感染して発病した・・。
 明日は、幼稚園のバザーの日。
私も、12時から2時までお手伝いに行く事になっているのだが、
みんな無事でありますように!
ママたちも、うちの家族も。
 ある意味、インフルエンザよりも感染力が強く、症状がひどい。
この病気はかかりたくない№1である。
早く、家から出て行ってほしいよーー!!☆ヾ( ̄ ̄*)えいっ  

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

モモ発熱!
 昨日、夕ごはんを食べ終わってから、お腹が痛いと言っていたモモ。
背中をさすったり、一緒に寝たりして10時少し前にやっと寝た。
そして、オーラの泉が後15分くらいで終わるという頃・・・。
   ゲップが水っぽい・・・・。
   もしや!!
   ( ゜o゜)ハッ
あわてて、洗面器を取りに行き、トイレに駆け込んでトイレットペーパーを
洗面器の中にぶちこんで、モモの元へ!!
今までの経験から、トイレットペーパーに染み込ませてトイレに流すのが
一番処理しやすいのだーー。
 少し体を起こすと、すぐに大量に吐いた。
/( ̄0 ̄)\オーノー!! かわいそうに・・・・。
パパに後の時間を録画してもらって、トイレに流しに行ったり、モモの世話をする。
こりゃー眠れないなー、私は覚悟した。
 モモは、明け方までに4回くらい吐いて、その後水を飲みたがったので
アルカリイオン水をレンジで少し温めて飲ませた。
飲むとまた・・・をまた3度ほど繰り返して朝を迎えた。
ゆっくり飲んで!といくら言っても、ゴクゴク飲むから・・・その後もまだまだ繰り返して。
そのうちに、熱が出てきた。あれよあれよという間に、8度。
お昼になって、もう吐かなくなった。(´▽`) ホッ
でもまだお腹が痛いと言うので、テルミーをしたり一緒に寝たりする。
そのうちに、深く眠った。
 夕方になっても熱はまだ8度。
なのでおじいちゃんのお迎えはパパとそらと草色くんだけ、7時に出かけた。
 9時の今、ようやく熱が下がって、元気になった!
でもまだ何も食べられないので、幼稚園は明日はお休みね。
あさってはバザー。
少しの時間なら行けるかな?
 第2.第3と続かないといいけど・・・。

 どうでもいいけど、ちびうさぎたちは具合が悪くなると、私の布団で寝たがる。モモも、ずっと昼間は私の布団で寝ていた。
うつりたくないから、それだけはカンベンしてほしい!! 
 。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。
まあ、そんなにうつりはしないんだけどね。
誰もうつりませんように!!
   (-m-)” パンパン

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

オーラの泉
  今回は、事情により短めにします。ご了承下さいませ☆


  11月22日のゲストは、陣内孝則さん。

 * 愛犬との出会い

 陣内さんは去年、「徳川綱吉」のドラマに出演された。
その中で、切腹して果てるシーンがあり、その後腹膜炎で入院・手術された。
退院されてから、無性に犬が飼いたくなり、ペットショップで一匹の犬と出会う。 
何と、その子犬が生まれたのは陣内さんが手術をされた日だった。
そのことにとても運命を感じられたという。
そして今、そのワンちゃんの存在にとても癒されているという。
 そのワンちゃんとのつながりは・・・?
陣内さんはまた、革のジャンパーがとても好きで今までに100着以上も買っていらっしゃるという。
お父様の革のジャンパーに、とても憧れていらした少年時代へのノスタルジー
だと江原さんは言う。
 そして・・・。
 陣内さんの前世のひとつに、武士がある。
何と、その時の愛馬が、愛犬となって生まれ変わって今、共にくらしているのだという。
武士として生きた中で、組織に縛られた空しい世界から逃れ、出家されている。加持・祈祷をしてたくさんの人の命を救ったという。
 そして、キリスト教の殉教者。少しのうそで上手く切り抜けられた所を、まっすぐに信仰を貫き、殉教された、まっすぐな方。
「ドアを叩け、さすれば開かれるだろう」という、聖書の言葉がとてもお好き
だという。
 仏教・キリスト教と、宗教に生きた前世を数多くお持ちの陣内さん。
そのご自身の、そして先祖代代の方々の積んだ徳によって、命が危ない場面で
ケガひとつなかったり、ピンチを逃れられたり・・という経験がある。
 「神仏に愛されている人です」と言う、江原さん。
ただ、寝る間を惜しんであれこれ考え事をなさるので、体に影響が出てくるのが心配という。
深く深呼吸をすることで、安定したリズムを取り戻すことを美輪さんが伝授された。
たくさんの方を家に呼んで、宴会をなさるのがお好きな陣内さん。
私が感じていた、まっすぐな魂は、神仏に対するまっすぐな思いからきていたのだ・・・。
 これからも、よく眠って体をいたわり、もっともっと活躍してほしいと思う。


  来週は、堀ちえみさん。
今も変わらず、かわいらしい堀さん。
パパの目が輝いた・・・o(*^▽^*)oあはっ♪
来週を私よりも楽しみにしている様子だよ。 ヾ(≧▽≦)ノ イヒヒヒー♪

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : オーラの泉

明日はお休み
 明日は、夜におじいちゃんが泊まりに来る。
お休みなので、空港までみんなでお迎えに行くのだーー!
次の日の朝早くに、おじいちゃんは出かけてしまうので、少しでも長く
いたいよねー。

   061012_1425~0001.jpg

 
 「ですってよ、親分。またお留守番でやすぜ。チュー!」

  「いいのニャー。むにゃむにゃ・・」


  061012_1426~0001.jpg


  「親分は、優しいんですねー、チュー」

  「静かに眠れるからいいのニャー。いつもうるさいのニャ。」

 鬼のいぬ間の何とやら・・ですな。 (* ̄m ̄)プッ

テーマ : お知らせです。
ジャンル : 日記

鉄棒
 先々週、体操で鉄棒をしたモモ。
ちょこんと低い鉄棒に乗っかって、体操のお兄さんと先生に支えられて、
くるっと回ったのだそうだ。
先週、「ママ、支えててね!」
と、外の鉄棒であぶなっかしく1,2回くるっとまわった。
そして、「もういいよー!」
と、私の手をふりほどき、自分でえいっ!と乗っかり
 (乗ることをツバメというそうだ。小鳥が木にとまっているように見える)
そして、くるっと回った!!

  やったあぁーーー!!
できたねー!!

それからモモは、何度も何度も飽きずに回っていた。
コトちゃんが「モモちゃん、遊ぼうよーー」と半泣きで訴えても、
 「ちょっと待ってぇーー! 10回まわったら!」
と一向にやめようとしなかった。
   (≧m≦)ぷっ!
次の日も、朝から回っていて、コトちゃんと遊ぼうとしなかったので
コトちゃんは一日中しょんぼり・・・。
という事態になったので、夕方に電話をかけたのであった。

 今日は、砂場のそばにある一番高い鉄棒で回ろうとがんばって、そこも
クリアしたらしい!
 「ママ、ちょっと来て!」
と鉄棒まで連れて行かれ、よいしょ!と回って見せてくれた。
はじめは、3回に一度しかできなかったけれど、そのうちに毎回できるようになった。
 (^ー^* )フフ♪
そして気が付くと、園庭にいる同じクラスの子のお母さんたちをひっぱって行き、やって見せていた。
 ヾ( ̄o ̄;)オイオイ 

いろんなことができるようになるね。
クリスマス発表会のお遊戯の練習も始まったらしい。
毎日が楽しそうで、本当に心からニコニコしている。
見ている私たちも、ホッと嬉しい。

 あれ?と気が付くと、モモとコトちゃん、マホちゃんは先生のお手伝いをしていた。教室の床をぞうきんがけしたり、そのぞうきんで窓をふいたり。
┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・
そして3人は、仲良く手をつないで
 「歩こう~歩こう~わたしはーげーんきーー♪」
と大きな声で歌っていた。
途中で止まるのがミソなんだけどね。o(*^▽^*)oあはっ♪ 
061113_1920~0002.jpg


  ┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・
 あんまり帰りが遅いから、寝ていたのニャ。

 
自分で顔にケリ入れてるし・・・(* ̄m ̄)プッ

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

クリスマス発表会
 モモのクリスマス発表会は、12月9日に行われる。
  「うかれバイオリン」という作品らしい。
登場人物は、主人公のトム、妖精3人、後は村の人々。
まあ、その中には泥棒や警察官なども含まれる。
モモは、村の人々。
妖精にならなかったの?と聞くと、元気よくウン!と答えた。
村の人々で、ピンクのかわいい服を着られるから!だそうだ。
後、特別に、舞台装置の木をそーーっと倒して舞台のそでに引っ込める役割をおおせつかっているらしい。
もう一人の女の子と、それはそれは静かーーにそして、サササッと運ぶのだそうだ。(*≧m≦*)ププッそれは楽しみー!!

 今日は雨。
外に出られない園児たちは、ひたすら発表会の練習をしていたそうだ。
モモたち女の子は、セリフも振りもすべて覚えつつあり、楽しくて仕方がないみたい。
幼稚園からの帰りも、コトちゃんと二人で大きな声で歌って、立ち止まっては
踊っていた。
 発表会、本当に楽しみだねー!

  
061109_1707~0001.jpg

 
  ムニャムニャ・・・・
 がんばるのニャー 

  (~0~)

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

にほんブログ村 猫ブログへ
えらいこっちゃ!
 今朝、大変なことが起きていた!! 

 るちあは、夜になるとタンスなどが置いてある部屋に閉じ込めておく。
一緒に布団に寝てもいいのだけど、朝までそのまま寝ていてくれるなら
何も問題はない。
まだ子猫だからなのか、ふと目を覚まして足にじゃれるやら部屋の中で暴れ出すのだ!
テーブルの上や棚の上を我が物顔で歩かれては、こちらがおちおち寝ていられないので、かわいそうだけどそんな形をとっていた。
最初はニャーニャー鳴いていたけど、すぐに慣れて部屋に入れても鳴かなくなった。
 ところが最近、ドアの下のじゅうたんをボリボリ引っかくようになった。
そこがほつれて、細いヒモがビヨーーーンと出ている。
その上にアルミを張ってみたり、厚紙を貼ってみたけど効果なし。

 そして、今朝!!

 ドアが開かない!!

  ハッΣ(゜ロ゜〃)

 ほんの一センチほどしか開かなくなっていた。
何と、じゅうたんがべりっとめくれてドアがそこに入り込んでいるのだ!
ほんの少しのすき間からは、めくれ上がったじゅうたんをどうすることもできない!
パパは日曜出勤しなくちゃならないのに・・・。 ( ̄_ ̄ i)タラー

パパのスーツはその部屋の中。
最悪の場合を考えて、パパは弟の佐藤ぢゃないのよ、弘道お兄さんに代わりに
出勤してもらうかもしれないからスタンバってくれ!と電話をした。

 そして最終決断。
何とか開いているすき間からハサミを入れて、じゅうたんを切り始めた。
しかーし、るちあがハサミにじゃれてとーーっても危険!
ひと切りごとにるちあを布団たたきで向こうへ追いやり、何とか20センチほどドアが開くようになった!
そのすき間から草色くんを部屋の中へ押し込み、めくれ上がったじゅうたんを元に戻してもらった。
  ┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・かくしてドアは何とか開いて、るちあも無事に脱出成功。
パパは弘道お兄さんにスタンバイ解除の電話をかけ、急いで出かけて行きましたとさ。

 るちあ~、どうしても部屋から出たかったんだよね。
これからは廊下までなら、出てもいいよ。
 

    

 061114_2144~0001.jpg


  ニャにが起きたの~?
 まあ、それでもいいのニャー。



にほんブログ村 猫ブログへ

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : ネコ

ねむい~!!
   こんにちは~!!
   るちあでーーす!!    
 めっきり寒くなりましたね。
 こんな時は~? 
 
   寝るに限るのニャー!!

   061111_1059~0001.jpg


  ふわぁ~! 毛布は気持ちいいのニャー

   061114_2232~0001.jpg

 
  お布団でもいいのニャ


   061116_1732~0001.jpg


  でも、一番いいのはー、

  そらの足の上なのニャー!! あったかいのニャー!!  

  寒くなったからかなー。
 やたらと寝るし、やたらくっついて来るのだー。
 冬は、お互い、天国だねぇ~!!
 

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

tag : ネコ

自殺したいと思う人へ。
 自殺したい人に、メッセージがあります。

 つらい状況から、逃げたい。もう何もかもを終わりにしたい。
そんな気持ちなのだと思います。
命を断って、終わりになるのでしょうか・・・・。

  いいえ、答えはNO!  残念ながら。

  人の命は、死んだら終わりではないのです。

自殺する人は、たいてい、あの世があることを信じていないはずです。
死んでも、まだ自分が生きていることに驚くことでしょう。
終わったはずなのに。
意識がなくなったはずなのに、そのまま何も無くなると思っていたのに。
そして次に、何をするでしょう。
死んでないからまた死のう!
そう思って、同じ方法で自殺を図ります。
でも、まだ生きてる!
そして、また。
永遠にそれを繰り返す人もいます。

 あるいは、どこにも行く所がなくてずっとそこにいる人もいます。
そして同じ悩みを持った人にピタッと寄り添い、自殺させてしまう。

 家に帰り、家族が嘆き悲しむのを見て、反省できる人は幸運な人です。
反省できると心は光を放ちます。
そして守護霊に説得されて、霊の世界へ旅たちます。
けれど、自分の人生を自分で終わらせるのはルール違反。
それなりの罰を受ける事になります。

 自殺をしても、幸せな世界には行けません。
魂は、無くなりません。
この世に縛り付けられ、そのつらい心をかかえたまま、フラフラさまよう
あわれな幽霊になってしまうだけです。

 つらい時間は、刻一刻と過ぎ去ります。
未来に向かって、時間は確実に進んでいるのです。
だから、もう少し、あと少しとがんばって進んでほしいと思います。
そして、解決する努力をして下さい。
命を守って!!
自分をつまらない人間だと思わないで下さい。
人の命は、永遠です。
決して無くなりません。
あと一歩、もう一歩、未来に向かって歩いて下さい。
必ず、明日はやってきます。
明けない夜はないのです。  
もう少し、あと少し、勇気を出して夜明けを待って下さい。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

解決・・・。
 昨日、登校班でしのちゃんとルカちゃんの単独行動が目立つということを
責任者の係のお母さんがそれぞれのお母さんに注意してくれることになった。
そらのことも、一緒に言っていいですか?と確認の電話を下さった。
ちょっと躊躇したけれど、
 「お願いします!」と返事をした。


 夜8時くらいに、ルカちゃんのお母さんから電話があった。
ルカちゃんがそういうことをしているのを全く知らなかったそうだ。
いろいろ、そらに対してしたことを聞いて、2度とないようにしますと、丁寧に謝って下さった。
 私は、どちらもストレスが原因で、そらは自分に向かい、ルカちゃんは外に
向けてしまったのだろうと話した。
たぶん、お母さんへのメッセージでしょうから、きちんと向き合ってお話して下さいね・・・と。
ルカちゃんの方は・・・たぶんお母さんの様子から、大丈夫な気がする。
 
 学校では、2人がそらに謝ってくれたそうだ。
 しのちゃんのお母さんにも、駐輪場で会い、
 「ごめんねー、あんな性格だから本人はからかったつもりだったみたい。
 よく叱っておいたから。ごめんなさいね」
と、とても軽く言われた。
しのちゃんの方が、深刻なのになあ・・・。
こちらはちょっと・・かなり不安だ。
 でも、問題は一応、解決した・・・のかな?
しのちゃん、ルカちゃんともエレベーターで会った。
 「こんにちはー」
と挨拶してくれたので、私も明るく返した。

 2人は本当に、わかってくれたのかなあ・・・。
 謝る前に、「私たちは、悪いことホントにしたの?」と聞いてきたそうだ。 ・・・・・・・・わかってないみたい。
全然、こたえてないよ。
でも、そらにはもういろいろ言わないと・・思うけど。 (ノ_-;)ハア…

 さて、モモのこと。
モモはこのところ、コトちゃんと遊ばなかった。
 「いやだーーー!」
と逃げ回り、その後をコトちゃんが追いかける。
昨日は、コトちゃんはモモに遊ぼうと誘わず、ただひたすらしょんぼりしていた。
 「遊ばないの?」
と先生が聞いても
 「遊ぶ気がしない」
と、ずっとひとりでいたそうだ。
モモはといえば、あっけらかんといろんな子と遊んでいたらしい・・・。
コトちゃんは、「つまんない!」と言って、さっさとお家に帰ってしまった。 なので夕方から夜にかけて、モモにコトちゃんがどんなに悲しい思いをしたかを説明した。
 「もう言わないで~!そんなこと言わないで~!」
と、すぐに叫ぶので、話もできやしない・・・(;´д`)トホホ
でも、コトちゃんに電話しようと言うと、素直にうなづいてくれた。
コトちゃんの家に電話して、コトちゃんに代わってもらうと
 「きょうはごめんね、明日は一緒に遊ぼうね、約束しようね!」
と、モモはちゃんと言った。
その後、コトちゃんから電話がきて、今度はコトちゃんが謝ってくれた。

 そして今日は、2人はずーーっと一緒に遊んでいたそうだ。
お迎えが終わってからも、「たまごっちごっこ」をしていた。
こちらも、問題解決。

 そらの方は、とても不安が残るけれど、ホッとした一日だった。
  

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

オーラの泉
 11月16日のゲストは、古手川祐子さん

  *スピリチュアル・チェック

 *ご自分の性格を一言で
   よくわからないです。

 *小さい頃なりたかった職業
   小学生の頃は、婦人警官 中学はアイドルになりたかった

 *人生の転機
   芸能界に入ったこと

 *大切なもの
   家族

 *聞いてみたいこと
   若い頃と、今とでは性格がずい分変わってしまったのでその原因を
   聞きたい。

 「ずっと前からこの番組に出たいと思っていらしたそうですね。」
 「はい。もう一年前からずっと見ていて、大ファンで。でもね、自分が悩みの渦中にあるうちはきっと呼ばれないと思っていました。今日、出られて本当に嬉しいです!」
 と、キラキラした変わらないかわいらしさで答える古手川さん。

 「アイドルになりたかったんですか、最初は。」
 「はい。スタ誕に毎週ハガキを出してました。でも、ミス・サラダガールで優勝して、映画で女優としてデビューしました。決まった次の週に、スタ誕の出演依頼のハガキがきまして・・・もう遅い!って思いましたねー」
 「歌手ではなくて、女優としてデビューなさったんですね。そして、性格がご自分でわからない・・・というのは、この番組に出演なさるみなさん、そうおっしゃるんですが・・・」
 「どんな小説を書く人もねえ。人の心理をずーーっとこう分析してね、こうだああだときっちり書く人だってねえ、自分のことはてんでわからないものよテレビで評論家としてね、意見をズバッという人もね、わかっちゃいないわよそういうものなのよ。自分のことは見えてないの。」
 「ほぉーー。古手川さんどうですか?」
 「私は、すごーく明るかったかと思うと暗く落ち込んだり、真面目じゃないと思っていたけれど本当はすごく生真面目にやってて後ですごく疲れていたり
特に40歳を過ぎてからはマイナス思考になって、ポジティブに考えようよと言い聞かせても、落ち込みたいもう一人の自分がいる感じです。」

  *憑依とは
 「古手川さんの場合は、その・・違うものからの影響とかは?」
 「ふふ。それはこちらの専門よ。」
と、江原さんにバトンタッチ!
 「はい。憑依というのは、みなさんホラー映画みたいに怖いものと思っていらっしゃるけれども、そうじゃなくてね、もっと身近によく起きているものなんですよ。友達同士でもね、類は友を呼ぶって言いますでしょう?波長の合う者同士が引き合うこと、これも憑依なんです。」

 うーん、わかるけど、憑依って言葉はあまり好きじゃないなあ・・私は。

 「古手川さんの場合は・・ごめんなさいね、失礼な言い方なんですけど、更年期障害が、かなり影響しています。」
 「ああー、そうなんですか」
と、ホッとしたお顔の古手川さん。
 「更年期ってね、全てにおいて人間としての変わり目ってことなのよ。
 男の人にもあるのよ。」
 「それが、マイナス思考の原因です。体から心への影響ってかなりあるんです。後は思いグセとかね。」

 思いグセ・・・それは、一人一人の感じ方。
 恐怖を感じるもの 苦手なもの 強いこだわり 喜び
 願望  理想・・・
その様々なこだわりのことを指す。

 「いろいろね、私は憑依されましたー助けてくださいって言われるのよ。でもね、憑依される側にも、されるだけの原因や問題点があるのよ。
清き川に清き水が流れるでね、自分の心によどんだ暗い思いがあるから、そこに引き寄せられてくるモノがあるの。清らかで強い心を持っている人には、そういったモノは近寄れないものなのよ!」

 これは、「波長動通の法則」という。
人は、心で感じる生き物でいつも自分の心から思いの電波を出している。
その電波の種類によって、いいモノ、悪いモノが寄ってくるのだ。
いいインスピレーション、天使の助けがほしいと思うならば、自らが正しい思いを持つことが大切なのだ。
 だから、憑依された人は、勝手にされたのではなく、自らが呼び込んだのだと自覚して、反省を深めて問題を解決するべきなのだ。

 「古手川さんの場合ね、娘さんがものすごく強いでしょ? 私は私なのよ!
って。 これは古手川さんも同じ。すごく似たもの同士だから反りが合わないの。そしてお母さんもこれまた強い。3代に渡ってすごく強いの。
それでいて、よく一緒にいたがる。あなたはそうね、でも私は違うのよ!ってお互いがお互いにそう思っている。そしてお互いを縛り合っているの。
それはもう、日常の憑依でね。疲れますでしょ?」
 「はい。すごく疲れます・・・」
 「実はね、後ろに武家の奥方様がいらっしゃっていて、こう伝えてほしいとおっしゃるの。もっと愛情を実感しなさいって。娘さんに認めてもらえないと思っているけれども、娘さんに十分愛されています。自分はこんなに愛しているのがわかってるのかなーと思う。自分はひとりぼっちだと思っているその思いが、あなたの親の憑依を呼ぶんですよ。心配だなー、こうしたにいいのにっていう心配ですね。」

 「それをね、空の巣症候群っていうの。子どもは巣立って、もうやることがないと思って寂しくなる人がたくさんいるのよ」
 「はあ・・・、そうですね。」
 「あなたは人に弱みを見せるのが嫌いでね、プライドが高いから。でもその防波堤が崩れると、妙にからんじゃう。 それも、お酒の力を借りてやるから嫌われるんです。しらふの時にしてくれればいいのにってみんな思っていますよ。」
 「あはは・・お酒が入らないとできないんですよねー。このまま、自分は枯れて行くのかなー・・・なんて不安になるんです。」
 「昔から、甘えるのが下手。でね、面倒を見ることで、自分が甘えていることがあるんですよ。この人の面倒を見ることで、自分は生きて行ける!と思うことがね。娘さんにもね、「誰が育てたと思ってるの」って思わないで、素直にその成長を認めておあげなさい。娘さんは、すごく大人の見方をするでしょ
う?そしてね、転ぶ事を恐れない、たくましさがありますよ」
 「そう、そうなんです!」
と、嬉しそうな古手川さん。母の顔だ。
 「病気はねー、心からのメッセージなのよ。」
と、美輪さん。
 「婦人科系の病気は、母性を持ちなさいというメッセージなの。愛情深く見つめなさいっていうね。後、首とか肩が凝って苦しい人はね、心をしめつけているの。心をしめつけると、体をしめつけるのよ。だから、柔軟に、素直に
なりなさいっていうことなの」
にこっと微笑む、美輪さん。
 「あなたはね、若いのだから愛される道を選ぶべきなのよ。人生をしめくくるような気持ちになっちゃいけないの!お酒はねー、楽しくなるならいいんだけど、悲しみは倍増するから、そんな時に飲まないことね。」
 「そう、お酒をメインディッシュにしてはいけないですよ。心のメインにしてはいけませんよ。」
古手川さん、かなりお飲みになる方なのだろう・・・。

 「そしてね、あなたに一番言いたいことは、恋愛をしましょうということなの!」
 「えっ!」とのけぞる、国分さんと古手川さん。
 「ふっふっふ」と笑う、美輪さん。

 「古手川さん、実はね自分の心に柵を作ってしまっているの。というのは、とてもきれいな赤のオーラがあるんですが、黒いわくがかかっているんです。
ネガティブな思いが強いからなんです。プライドが高くて、傷つくのを恐れているせいです。」
 
 「恋愛もねー、よく雑誌とかで理想の男性像は?ってやってるけど、んなもの、自分は何様だっての!どのツラ下げて言ってるんだってのよ!自分は高い所に置いてるけど、相手だって選ぶ権利はあるのよ、身のほどを知れってのよ。
そんな完璧な男性はいないのよ。自分だって完璧なはずがないじゃない。そうでしょ?まずはね、飛び込むことよ。そこから始めること」
 「はい!」
 「もうーね、飲み行こ飲み行こって言わないでー」
 「ブッ」と噴出す、古手川さん。
 「愛される人なんだからはばたいて行ける人なの。自由でね、青春が戻ってくる時期ですよ」
 
 「でもまあ・・・ね、経験がないからね」
と、突然、前世物語が始まる。
 「前世は、女性です。女性に生まれているけれども、女性の人生を生きていない人です。日本では薙刀(なぎなた)、西洋にもいらっしゃって、戦車が見えますねー。戦車に乗ったり、馬にのったりする、女武者です。
ベールをかぶっていて・・・中近東の修道女である姿も見えますが、これも
ただの修道女ではなかったですね。」
 「男だったら、すごい男前な人ね」
 「はあ・・、私、男性とはお友達になっちゃうんですよ。」
 「こうやってね、(ピンクレディーのウォンテッドみたいに腕をお互いにからませる感じかな?)お酒を飲んでるの」
江原さん、言いながら大笑い。
 「だからね、今は、戦う必要はないわけでしょ?だから、もう女性らしくふるまえる人生なんです」
 「3歳くらいの時、棒きれを振り回して、男の子たちをしたがえてよく遠出をしていたと言われました。祐子がいないとなると、遠くにいたって」
 「へえー・・・。」と国分さん。
 「そんな、男前な人生は、もう終わりなの。これからは、愛される人を目指すべきなのよ」
 「ええー・・でも、とても無理です」
 「環境は、念力でつくるものなんですよ。こうしたいって思うことが大切
なんです。無理だと思えば、何も出てきません。自分で道をふさいではいけませんよ。これからは、門出ですよ。」
 「はい。わかりました。がんばります!」

 *番組を終えて

 「いかがでしたか?」
 「はい・・・広い道が見えてきた気がします。」
 「腕をこうやってくみかわす姿が見えますと言われましたが。」
 「いや~ん、もう、一度だけなんですよ。やったの!!」
 「それを見られちゃった!」
 「恥ずかしい!」
 「これから、恋愛してくださいということでしたね。」
 「ええ、もう甘え上手になります」

今でも、とってもかわいらしい古手川さん。
甘え上手に、女性らしくなって、幸せをつかんでほしいと思う!

 来週は、陣内孝則さん。
勢いのある話し方、潔さ、さり気ない優しさがとても好感が持てる方。
楽しみなのだーー!!
 
  
   

テーマ : 本日の日記
ジャンル : 日記

tag : オーラの泉

ストレスなんだよね 
 今日は、登校班で行くと言ったそら。
一応、例の2人に何も言わせないように監視に行った。
しのちゃんはもう出ていて、ルカちゃんの班は残っていたが、ほどなく出発。
そらと草色とリリーちゃんの班は・・・一人連絡もないまま、やって来ない。
係りのお母さんが連絡しに行こう・・としていたら、その子とお父さん登場。
  「今日は休みます!」
   ヾ( ̄o ̄;)オイオイ
と、いうことで、やーーっと出発して行った。
お母さんが具合を悪くしたか、出かけたかで、お父さんには連絡しなきゃいけないことがわかってなくて・・ということだったのかな?
 その係のお母さんと、しのちゃん、ルカちゃんのことを話した。
しのちゃんは、登校の途中でルカちゃんを待っているのだそうだ。
班のみんなは巻き添えをくらって非難ゴウゴウらしい。
2人の勝手な行動は、だんだん目に余ってきている。
何とかしなきゃ・・と思っていたそうだ。
 来年は何と、私が登校班の責任者となる・・・・。
この間、くじ引きで当たりを引いてしまったのよ。 (;´д`)トホホ
毎年6年生を持つお母さんたちが、委員長一人と係4人で運営しているのだ。
班の編成には、気を配らないといけない。
まあ、それは操作できるのでいい点ではあるんだけれども。
来年も、いろいろあるんだろうなあ。

 しのちゃん、ルカちゃんにしろ、そらにしても、そらのクラスメイトにしても、きっと何らかのストレスが原因だと思う。
人によって、出し方は様々なのだろうけど。
 そらは、自分の中に。他の子は、人を傷つけるという方法で。
ε=( ̄。 ̄;A フゥ…
一体、どんな原因があるんだろう。
体は、親と同じくらいに大きくなってきているけれど、やはり10~11歳といえばまだ子どもなのだ。
自分を認めてほしい。どれだけ自分は愛されているのか。
それを日々、確認している。
振り向いてほしくて、いろんなことをするのだろう。
振り回される周りの子や、大人たちは、たまったもんじゃない。
でも、原因はそんな些細なことなのだと思う。
だから、ひとりひとりの子どもたちと、しっかり向き合ってほしいな。
・・・・って、私もその一人だけどね。

 そらが幼稚園の時、「いつもニコニコしてみんなのことを見ています」と先生に言われていたのだが、モモはにこりともしていない。
やりたくないことはしないし、ピアノのイスにすわってボイコットしてた(笑)
そらはその頃から、周りにかなり気を使っていたのだなーと今になって思い当たる。
 「アイドルの誰それがどうの、このキャラクターやゲームがどうの・・という同級生たちが多いので、なじめない部分があるのでは」
と先生は言っていた。
ニコニコして見ていられない時期に来ているのね。
それは、それ。自分は自分。
周りに合わせなくても、そらは、そら。
私は、そらの描く絵が大好きだし、いつか絵本を書きたいという夢も好き。
そんなそらが大好きだよ!
歌うことも、リコーダーがとっても上手なそらも大好きよ。
そらの夢を応援するからね。
だから、周りの子たちを気にしなくていいんだよ。

 悪魔は、天使には勝てないの。
そういう風にできているの。
強いように思えるけど、周りがそれを許さないから。
私は、そらやみんなを守るために、強い天使になりたいな。
がんばるよ!
    ( ̄o ̄)o オゥ!

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

個人面談 草色くん編
  引き続き、今日の個人面談は草色くん。
 「うーーん、おだやかな性格で、ケンカなどはしませんね。」
と、まず先生。
草色くんの担任の先生は、瞑想するのだーー。
ウソ!
じっと目をとじて考える方なのだー。 (ーΩー )ウゥーン 「ただ、お友達に強引に責められて、大丈夫かなあと思うことがあって。
 そんな時は止めに入ります。」
  そうなのよねー。
草色くんは、お友達に何をされても「やめて」と言えないのだ。
今のクラスには乱暴な子やいじめっ子はいないのでホッとしているのだけど。
優しいと言えば優しい、気が弱いと言えば・・・・。
でも、おどおどしてるわけじゃなくてちゃんと自分は持っている。
だから、そおーーっとしておいてほしいのだ。
 今のところ、仲良くしてくれるお友達がいっぱいいる。
学校から帰って来ると、ランドセルを放り投げて遊びに行く。
5時まで帰って来ない。
このまま、何事も無く過ごしてほしい。
先生には、何も言えずに責められている時には助けてほしいとお願いした。
自分で切り抜けられるようになるといいんだけどね。

  「一難去ってまた一難」

 夏休みに、そらのことをひどくからかったしのちゃんが、また近頃、
ちょっかいを出すようになった。
登校班で並んでいると、しのちゃんと友達のルカちゃんが、後ろに立ってくすくす笑っていたり、「何かクサイよねー」と言ったり。 ヾ(*`Д´*)ノ"
 「ハアーーッてしてみて」
と言われたが、後に言われることは予想できるので無視したそうだ。
そしたら、
 「何で無視すんのよ!」
と、叩かれたそうだ。  ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆
その他、廊下ですれ違う時にわざとぶつかって、そらがよろけたのを見て
笑っていたり ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆
帰り道に、ドン!と突き飛ばしたり。ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆
 今までは、しのちゃんだけがやっていたのだと思っていた。
ところがサクラちゃんのママからオドロキの証言が!
しのちゃんは、友達のルカちゃんに言われてやっているのだそうだ。
  ( ̄◇ ̄;)エッ
しのちゃんにすれば、「ルカちゃんに言われたから」
と、責任を逃れられる。
ルカちゃんにすれば、「やったのはしのちゃん」
と、責任を逃れられる。
((( ̄へ ̄井) フンッ そういう関係なのか。
どっちも罪は同じだよ!
そらは、2人に会うのが嫌で登校班で行かなくなり、おかげでモモと一緒に
家を出て、学校まで私が送っている。 ε=( ̄。 ̄;A フゥ…
 そしたら、草色くんに攻撃して来るようになった。
ランドセルに何かをぶつけたり、
 「何でお姉ちゃんは朝来ないの?」
と聞いてきたり。
 ・・・( ̄  ̄;) うーん
そのうちにふっとやめてくれるといいんだけど。
やめない場合は・・・覚悟するのね!


     
 
 061111_1916~0001.jpg


 そらと草色をいぢめるヤツは、アタシが許さないのニャ バンッ!!

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

個人面談  そら編
  今日は、そらの個人面談。
朝、また登校班で行きたくないというので、またモモと一緒に行く事にした。
ところがその時間になると、もう少し後で・・・と言う。
今日は歯医者の予約もあるし、個人面談でまた学校に行かなきゃだし。
何回も往復できるかーーー!!
と、無理やりモモと一緒に家を出たのだった。

 3時5分くらいに学校へ。
去年の先生は、1時間半くらい押していたのだが、今年はちゃんと時間通りに終わった。
 学校でのそらは、とにかく、きちんと神経質なくらいに完璧に何でもこなそうとするらしい。
家では、正反対なんだけど・・・。
なので、いつも気の抜けない状態になっているのだ。
失敗を恐れるあまり、緊張状態なんだろうか。
もう少し、肩の力を抜いてこれくらいでいいやー・・とのんびり構えられるようになるといいんですけどねー。
と言われた。
まるでガラス細工のように繊細なので、自分は自分!と割り切る強さがついてくるといいですねーって。
(T▽T)アハハ!
 いじめについては、長期戦になるだろうと予想しているが、必ず無くすようにすると、はっきり言ってくれた。
あまりひどい子には、保護者に連絡して話をしたそうだ。
今すぐではないけれど、なくなる方向へ動き出したのではないかな。
よかったよかった。

 個人面談と同時に、図工展も体育館で開催されている。


   そらの作品  木のパズルなのだ。


     061113_1542~0001.jpg

虹がとてもきれい。上手にできたんだーとお気に入りの作品なのだ。

   草色くんの作品 「海のぼうし」

   061113_1551~0001.jpg


 家から持って行ったり、そらからもらったりした材料が貼り付けてあった。

 それぞれ、個性があって子供たちの作品展はおもしろい。
 (^ー^* )フフ♪


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

遅れて行ったワケ
 そらが、最近学校へ行きたがらない訳は・・・。
 そのクラスに、慌てると少しパニックになってしまう女の子がいる。
話し掛けても、返事がかえってこないそうだ。
去年から同じクラスだったので、その子の力になってあげてね、と私はいつも
言っていて、そらも優しく接していたようだ。
 その子が・・・マキちゃんが、5年生になってから一部の男子にいじめられるようになった。
パニックを起こして騒ぐのがおもしろいから・・・という理由で。
そのうちに、マキちゃんをからかう人数がだんだん増えて行った。
女の子の間にも・・。
からかう気持ちも、だんだん嫌な感じに変化して行った。
 先日、そらとマキちゃんが一緒にいたら、教室に入ってきた男子がいきなり
 「モンスター、死ね!」
とマキちゃんに言ったそうだ・・・。
 「死ねなんて言ったの?」
 「うん、しょっ中言ってるよ、死んで~とか。ひどいよ」
そして、そらは泣いて言った。
 「マキちゃんがいじめられてるのに、何もできない自分が悲しい、つらいの
情けなくて、早く家に帰りたくなっちゃうの」
それは、そらのせいじゃない。そらが自分を責めなくてもいいの。
私はそう言った。
 「死ねなんて言葉、聞きたくないの。マキちゃんがいじめられてるのも見たくないの。泣いてるのを見ると、一緒に泣きたくなるの」
悲しいね・・・それは。
 そらは、去年同級生をクモ膜下出血で亡くしている。その時にみんなあんなに泣いたのに、悲しい思いをしたのに、何故死ねなんて簡単に言うんだろう。
未だにふと思い出しては、そらは泣いているのだ。
 私がマキちゃんの母親だったら。いじめられているのが、もしそらだったらと思うと、たまらなかった。
死ねなんて言った子を、言った回数だけぶってやりたい。謝らせてやりたい。
どんなにマキちゃんの心を傷つけていることか。
どれだけ悲しくてつらい思いをしていることか。
一日も早くやめさせたい!
私は、連絡帳にそらの言った言葉をそのまま書いた。
朝、登校班では行きたくないと言うので、モモと同じ時間に家を出た。

 先生からの返事に、「そらさんには、迷惑はかけません」と書いてあった。
そらはいいから、マキちゃんのことを何とかしてよ!と思ったけど、
その日先生は、「死ねなんてことを言うのは許さない!」と強い口調で言ってくれたそうだ。
その日は、マキちゃんはひどくいじめられていなかったそうだ。
少し、安心した。
このまま、マキちゃんがいじめられなくなればいいのだけど。
そらも、安心して通ってくれるようになるといいのだけど。

 今日は、そらの個人面談。
さて、先生はどんな風に言ってくるだろうか。
私もどんなことを言おうかな。
みんながマキちゃんに優しくなってくれたらいいな。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

 ちょーーーだい!!
 お祭りの前の日、帰りが遅くなったので、そらがスクランブルエッグを
作ってくれていた。
それからそらは、朝食に、パパのお弁当に、スクランブルエッグの腕前を
披露してくれるようになった。
 そして、大発見!!
 るちあも、スクランブルエッグが大好き!!

    061109_1025~0001.jpg


  ちょーーーだい! それ、ちょーーーだい!!

 ネコが卵を好きだなんて、知らなかったなあ・・・。


   061109_1025~0002.jpg


  うーーん、おいちーーい!!

 もちろん、もちろん、すこぉーーししかあげませんとも。

 また、スクランブルエッグ作ってね、そら!

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

tag : ネコ

保育参観
 今日は、モモの保育参観だったのだーーっ。
と、その前に小学校でお祭り委員会の反省Andお疲れ会の準備。
9時前に、モモとそしてそらを連れて、まずは幼稚園に向かう。
モモを送ってから、そらを後ろに乗せて小学校へ。
まあ、なぜ、そらが遅れて行くことになったのかは・・・自由だぁーー
ぢゃなくって、また後で書くことにするから待っててね。 

 お疲れ会の準備を終えて、その会を10時20分にそーーっと抜け出して、
幼稚園へ。
モモは、コトちゃんとかくれんぼをしていた。
園庭の入り口近くにかくれたモモを、コトちゃんはそばまで来ているのに、なかなか見つけられない。
コトちゃんをモモのそばまで連れて行き、やっと見つけて2人は笑顔になった

 教室に移動して、朝の歌を歌ってから出欠を取り、製作の時間になった。
 6月の保育参観では、モモは、ピアノのイスにすわって製作をしなかった。
隣りでは、アズちゃんが両手を目に当てて泣いていた。
 でも、今日は2人ともちゃんと自分の席にすわって、製作をしていた。
ちゃんとできるようになって、ホッとした。
成長したねえ! よかったよかった!

 製作は、紙皿の真中をくりぬいて作る、クリスマスリース。
もう真中はくりぬいてあって、そこに絵の具で色をぬる。
一人ずつ、卵パックを卵4つ分に切ったものに、それぞれ赤・黄色・青・緑の
絵の具を入れてあるものを配り、平たい小さなブラシで好きな色をぬる。


   061110_1055~0001.jpg 真中のショートヘアの子が、モモだよ。

 みんな、だいたい、ヘンな色一色になったりしちゃっていたけど、モモは何とか4色くらいに色分けされていた。
真中には、雪だるまと何かをぶらさげる予定。
出来上がりが、とても楽しみ!

 それが終わると、手を洗って、給食の準備。
モモが、ひとりでさっさとリュックから給食セットを出していると、コトちゃんとアズちゃんが隣りの席に来て、準備を始めた。
好きな場所で、好きな子と食べていいらしい。
 そこまで見てから、保育参観は、お開きになった。

 そして私は、また小学校へ。自転車でだいたい5分程度。
会は終わっていたので、片付けに入る。
教室を出て、違う場所に移動。
さあ、これから、お祭りで使った、青いビニールシートを拭くのだ。
シートは3×4mくらいのが3枚くらい。
4人で少し考えて、モップを使わせてもらうことにして、ザーーッと拭き、
外に干した。
一息ついたところで、まだ違う場所にシートがあると聞かされ、更に6人で
また4枚くらいのシートを拭く。
ε=( ̄。 ̄;A フゥ…
1時50分くらいになったので、またまた幼稚園へモモをお迎えに。
40分くらい遊んで、セブンでお昼を買って、ようやく帰宅。
・・・・・・・・・・・疲れましたぁ~。

 セブンのおばちゃんが、「忙しいけど、それくらいが一番幸せよ。
その忙しさを、楽しんでね」と言ってくれた。
 「はい、楽しみます!」と答えた。
楽しく、過ごしたよ。
お天気が良くて、上着が要らないくらいだった。
無事に今日の行事を乗り切れて、ホッとした。  ε=( ̄。 ̄;A フゥ…  

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

オーラの泉
 11月8日のゲストは、沢村一樹さん。
鹿児島出身で、モデルから俳優に。
結構、悪役が多い2枚目さん。鹿児島弁で「よかにせどん」である。

 *スピリチュアル・チェック

 *小さい頃になりたかったものは?

    ドラえもんです。

 *あなたの性格を一言でいうと?

    ひねくれ者ですねー。
 
 *ストレス解消法は何ですか?
 
    粘土を触ることです。

 *美しいという言葉から何を連想しますか?

    曲線です。女性の腰のラインとか。

 *良く見る夢は何ですか?

    カブト虫を取りに行く夢です。

 「来ちゃいましたーーー!」と、登場した沢村さん。
 「美輪さんと会いたくないというのはどういうことですか?」
 「いやー、腹の中まで見透かされると感じるんですよ。でも、なぜか美輪さんが歌われているヨイトマケの歌をビデオに録っていたりします。」
 「あら、ありがとう。親孝行でいらっしゃるのね」
 「いや、むしろ逆だから・・・だと思います」
と、照れる沢村さん。
 「あと、運命的なことといえば、マネージャーと飲んでいて、僕は心を閉ざしてる。その原因を解明するには、この番組に出るしかないっていう話になって。そしたら次の朝一番に、出演が決まりましたと言われたんです」
 「ほお!そこにうちのスタッフがいたんじゃないでしょうかね!」
と、驚く国分さん。
 「では、チェックに行ってみましょう。小さい頃なりたかったのはドラえもんですか?」
 「はい。大好きでした。ボクの左のポケットは四次元ポケットでしたね。」
 「はあ? えーと、ご自分でそう思われていたということですか?」
 「そうですね。いつも水戸黄門の印籠が入っていて、クラスでもめごとがあるとひかえおろーーっ!と出すと、だいたい丸くおさまりました」
 「えー、話がよくわからなくなりましたが?」
 「見てくれじゃないのね。だいたい姿が好きな人は、この人みたいになりますからね」
 と、江原さんを指さす美輪さん。一同爆笑。
 「四次元ポケットがほしかっただけでしたね、たぶん。」
 「小学生の頃はボクも好きでしたよ。あとブルース・リーとか」
 「あー、大好きでしたね。遠足の時は、ブルース・リーになってました」
 「はあ? また話が見えなくなったんですけど?」
 「ふふ、ブルース・リーの映画って、どこか遠くに行って事件が起きるんですよ。遠足って知らない所に行くじゃないですか。そうするとバスの中で一人でこういう顔をして、浸るのが好きでしたね。」
と、顔をしかめて、しぶい表情をして見せる沢村さん。
 「あとは、何になったんですか?」
 「あとは、ターミネーターです。」
と、有名なフレーズを歌いながらマネをする。
 「中2の時、エレファントマンにもハマってましたね。映画がすべてでしたね。そして、独りでいるのが好きで、いつも近くの川にメダカがいてその中にグッピーが混ざっていたんですね。それを毎日チェックしてました。」
 「見てたんですか?採ったりは?・・」
 「そのうちね、グッピーだけをひょいっと」
 「メスだけだったんじゃない?」と美輪さん。
 「それは、大人になってからです」
と、いたずらっぽい顔ですぐに返す沢村さん。
 「ストレス解消には、粘土ということですが。」
 「何かこう・・もやもやがたまってる時に、何かしたいなと思って。小学生の頃に、粘土でドラえもんを作って上手くできたことを思い出したんです。あと日本地図もことのほか上手くできたんですよ。で、やってみたんです。」
 「さあ、大人になったあなたは何を作ったんですか?」
 「女性の体です」・・・・・予想通り!!
 「リアルな感じなの?」美輪さん、体を乗り出して。
 「骨と肉の感じを考えながら作るのがとても好きなんです」
 「レオナルド・ダ・ヴィンチがそうだったのよ。自分で解体までして調べて彫刻を作ったのよね。あなた、ダ・ヴィンチだったんじゃない?」
とーーんでもない!と手を振る、沢村さん。
 「後、土をいじるのが好きでした。シラス台地でだんごを作って、真上からそのだんごを落とすという遊びが大好きでしたね。」
 「子どもはね、自然のものに触れると生き生きと育つの。生命力に触れて自分の中の命も輝くの。人工的なものに囲まれると良くないのよ。」
 「ボクは、自然の中で育ちましたが・・・ただのドスケベになりましたけどねーー」 一同笑。
 
 *体の不調和

 「沢村さんは、ひざをよく悪くなさいません?」
 「ああー、さっきもここんとこぶつけました」
 「それは、人の念が起こすものでね、足を止めたい!という意思です」
 「へ・・えぇーー」
 「手を悪くする人もいるのよ、それは手を出すなってことね」
 「腰が一番悪くてね、根から動けなくしてやる!ってことなんです。死霊より怖いのは生霊って言ってね、死霊は説得すれば還って行くんですが、生霊は
大変です。」
 「はあ・・・」と少し不安そうな沢村さん。
 「沢村さんは、相手を傷つけまいとして逃げながら離れて行くんですよ。それは相手に対する優しさではない。その気がないなら、はっきり言った方がいいですよ。そうされた相手は、いつまでも忘れられなくてあなたに念を送ってしまうのです。あなたの元に帰ろうとしてしまうのです」
 「あなた以上にカッコいい相手が見つかると、サッと忘れられるんでしょうけど、世の中そうじゃないから。相手にトドメを刺すことも必要なのよ」
 「それがね・・・自分を出せない・・ということにもつながるんですが」
 「おっ、その辺をオーラのカルテで見て行きましょう! まずはオーラの色からで・・いいですか?」
 「はい・・意外なことに・・ごめんなさいね。意外と紫が大きい方ですね。ブルーも入っています。常に冷静でクール。それでいてとても情が深い。子どもを守ろうとする気持ちが強いですね。ブルーは芸術家気質です・・が、人の悲しみを見るのが嫌いな方」
 「いつも、煙に巻きたいと思ってます。ドロンと」
 「でも相手は巻かれてなんかないのよ」 一同爆笑

 *前世

 「先ほど、エレファントマンがお好きと言ってらしたんですが、ただストーリーとかが好きなんですか? というのはね、あの話は、イギリスの産業革命の話で、たくさんの煙突から煙が出ていて、機械の音がして・・というのが見えるんです。」
 「はい、そうです。映画で見た、煙と煙突の感じがとても好きでした」
 「霧のロンドンっていうのは、工場の煙のことなのよ。霧じゃないのよ」
 「イギリスの正にその時代・・・寂しそうにすわっている男の子が見えます
父親と2人で暮らしていて、お母さんは家を出ているようです。
お父さんは横暴な人で、暴力を振るって・・それでお母さんはあなたが小さい時に家を出てしまったようです。あなたも暴力を振るわれていて、それで想像の中に逃げ込んでその中で遊んでいたんです。
成長して、役者さんになってます。脚本を書いて、何か・・・作ったのか収集したものがたくさんありますね。変わった物がたくさんあって・・・生涯、独身でしたね」
 「それから、これ、この番組を始めてからわかったことなんですが、役者さんは、行者さんがすごく多いですね。沢村さんもそうです。」
 「行者・・・ですか」
 「滝に打たれたりね」
 「あなたは、病気治しをされています。今もよくケガした~、風邪だ~なんて言うと、オレが治してやる!とよく言ってると思うんです。
あと、傷を確認してる」
 「ああ、見せて!って、よく見ますね。ケガをすると確認するクセあります
ね、そういえば・・・なるほど」
 「その時代も、人の悲しみにたくさん触れていました。でも、今世は、ようやく結婚できました」
 「でもね・・・独りになりたいことがよくあるんです。世田谷にカブトが採れるスポットがあって、虫が動く音がわかるくらい静まりかえった山の中を2時間くらい歩き回っていました。全然怖くなかったです。よくあんなとこにいられるなあって言われましたけど。」
 「独りのことが多かったから、家庭の味がわからないのよ。ほら、ヨイトマケの歌が・・って時にお母さん思いねって言ったでしょ。とても母思いなのよ
でもね、接し方がわからないのよ」
 「イギリスの時、ベルトで殴られてます。それでお母さんは出て行き、あなたもまた、そうでしたから」
 「それ、プレイじゃないですよね」
一同、ブーーーッと吹き出す!
 「それそれ!そのウィットに富んだ切り返しは、イギリス風なのよね」
 「ああー、ぼくはこういうのが大好きです」

 コホン!と咳払いをして・・・。
 「甘えるっていうことが、あなたにはわからないんです。今世も独りで遊んでいたのは、お母さんの仕事の邪魔をしたくないという優しさからなんです。
心の扉を開けると、いろんな人の情が入ってきて、それに溺れるのが怖い。
それで、つねに自分を守っているんです。守っているがゆえに、崩れるのが怖いんです。」
 「うーーん・・・」とても神妙な表情の沢村さん。
 「奥さんもね、もっと甘えればいいのに!って思っていますよ」
 「女性が好きっておっしゃるけれども、飲み屋のお姉ちゃんとしてワイワイ遊ぶうちはいいの。でも心情的な話になると逃げるのよ。ここから入ったらダメって、内面に入っちゃダメって扉を閉めちゃうのね」
 「もっとね、人と打ち解けること、人に歩み寄ることが大切ですよ」
 「はい・・・これからはそうします」
 「それとねえ、首とのど・・って気にならない?」
 そこで、ナイショ話を始めるお二人・・・・・・。
 「はい、ごめんなさいね。どうですか?」と美輪さん。
 「半年くらい前から声が出しにくくなってて調子が悪いです。」
 「それはね、あなたが、今現在、生きている事、仕事をしているということに感謝が足りないと、首に出てくるんですよ。前世の思いが、ストップモーションになっててね・・・というのは・・・」江原さんが言いよどむ。
 「つまりね、首を吊って自殺してらっしゃるの。孤独の中でね」
 「えっ!!・・・・そうですか」 息をのむ沢村さん。
 「だから、生きていることに感謝しなければ。そして後ろの人が言うには、
あなたはまだ頂上を目指さなければならないのに、そこそこの所で、景色もいいからここでいいやーーと満足しているんじゃないですか?」
 「ああー、そこそこ幸せだし、まあこれでいいのかなーって思い・・ます」
 「あなたはもっと、グレードの高い役者を目指すべきです。そのためにいろいろな材料をそろえて自分の中にためて行って、高みを目指すべきです」
 「それつて・・人と交われってことです・・よね。」
 「いえいえ、ご自分が総合商社みたいにね、何でもこう自分の中からそんな時はこれ!その時はこれ!っていろいろ蓄えるのよ。
今は、作戦タイムの時期なのよ」
 「はい! がんばります。」


  *収録の後*
 「いかがでしたか? 始めは帰りたいとおっしゃっていましたが」
 「何かねえー透明になった気がしますね。」
 「グレードアップした沢村さんを、見せてくださいね!」
 「はいっ、がんばります!」
 
 期待してますよ、沢村さん!!

 次回は、古手川裕子さん。
さめざめと泣く姿が写っていました・・・。
子どもの頃、よくテレビで拝見していたなあ。
次回も、楽しみ!!
  
   

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : オーラの泉

幼稚園に行きました!
 モモはまだ咳が出るけど、とーーーっても元気!
夕べは、「まだ行かなーーーい!」と言っていたけれど、
今朝は「行く!」とふたつ返事。 (^ー^* )フフ♪
半日だし、とプーさんのマスクをさせて幼稚園へ(/*⌒-⌒)o レッツゴー♪

 誰もいなくなったリビングでは、陽が差すソファーで、るちあがお昼ね。


    
 061108_0919~0001.jpg


  「ニャ?」 「ニャにか用?」

  いえいえ!  何もー!(゜▽゜*)ノ~~


    061108_0919~0002.jpg


  「そんならいいのニャ。 じゃましないでなのニャ」

  はいはい。
  おやすみなさーーい <(゜ー^)ノ^*・'゜☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆


  さてさて、お迎えに行くと、咳はそれほど出てないと先生。
  (´▽`) ホッ
今日は、年中少さんの「お店やさんごっこ」。
モモは、チョコレート色のカップの中に黄色い紙がいっぱい詰まった、チョコレートケーキと、トレーにかわいい色紙で作った立体的なお魚が入っていてラップでくるんである、かわいいお魚を選んでいた。
それを、先生お手製の紙で作ったバッグに大切に入れてあった。
バッグには、木の絵が書いてあった。

  その中に、我が物顔で入る、るちあさん。

    061108_1544~0001.jpg


 お迎えが終わると、モモは早速コトちゃんと遊び始めた。
2人とも、大きなバッグを抱えて外のテーブルに買った物を並べて、お店屋さんごっこをしていた。
先週の金曜日から、約5日間会えなかったので、コトちゃんは大喜び。
モモもノリノリで、楽しそう。
11時15分に幼稚園に行って、帰ってきたのは1時だったよーー。
 ε=( ̄。 ̄;A フゥ…
楽しく過ごせてよかつたね、モモ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : ネコ

そういうことか! 
  おとといの朝、少し熱があったモモ。
でも、すぐに下がったので、チャリティーコンサートに一緒に行った。
そして昨日、7度5分の熱とひどい咳で幼稚園をお休みした。
その前から鼻がすごかったので、寝ている間に飲み込んでいてそれが咳になったのだ。
モモはそれから喘息の発作になるので要注意!!
案の定、夕べは明らかにギューギュー音をさせて、苦しそうな呼吸になった。
容態が急に悪くなったらどうしよう・・・。
その時、私が寝込んでいて、気が付いたら・・・ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!
ということになったらどうしょう・・・。
と、よからぬ想像をしてしまって、よく眠れなかった。
 なので、朝一番でまた病院へ。
一度インタールを吸入して、再度診察。
女医さんが、モモの背中を強めに叩いて、咳をたくさん出させた。
その後、
 「気管支をいくら広げても、そこに痰が入り込んだら意味がないんですよ」と言われた。
喘息の発作が起きているのではなくて、痰がたくさん器官に流れ込んでいるのだった。

 そういうことか!! 

 なるほど、これは発作ではなくて風邪なのね!
何か、安心した。
熱が出たこと自体、喘息ではないよね。
鼻が出たら、とにかく出させよう!
咳もガンガン出そう。

お薬・・・なんだけどぉーー。
注意!の欄に、「激しい下痢、および、呼吸困難の症状が出たら連絡して
下さい」と書いてあった。
こわっ!!
そんなの飲ませられっか!


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

アミの中から失礼!
   こんにちはーーー!!

   るちあでーーす!!


    061104_2221~0001.jpg


 アミの中から、失礼しまーーーす!
 何のアミかって?

    
 061104_2222~0001.jpg



 おふとんのアミに入っちゃったのぉーーー!!   

  ((o(>▽<)o)) きゃははっ♪

 あら、アタシがよく見えなくて?


    


   061031_2153~0001.jpg



  それじゃあ、ラッコのアタシはどうかしらん

 それではみなさん、

 ご機嫌よう!!

 ヽ(*^^*)ノ

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

tag : ネコ

チャリティーコンサート
 今日は、教会でチャリティーコンサートがあった。
この日のために、そらと草色君は、ミサが始まる前と日曜学校が終わった後に
練習を積み重ねてきた。
・・・・・と言えば聞こえがいいけど、実際はあれやこれやで日曜日に教会に
来る事ができなくて、最後の2週間で何とか間に合った形になったのだ。

 プログラムの3番。いよいよ、日曜学校の子供たちの番。
はじめの歌は、マザーテレサ作詞?の祈りの歌。
 「主よ、お使い下さい」という題名の歌だった。きれいな旋律の歌だった。

     061105_1559~0001.jpg


 いちばん右端の、黒白チェックのスカートが、そら。
首のところに、金色の星の飾りをつけていた。

 次は、カフェ・ラテという曲に合わせて、ダンス。
これは、何だろう・・南米系の踊り?
振りは簡単でも、動きは体をくねっとさせるのでむずかしい。
そらも草色くんも、必死にがんばっていたよ。
リズムを体で感じないとね・・・。
うーん、一筋縄では行かない踊りだったから、まあがんばったよ!うん!

 この教会は、日本人よりもたくさんの、いろんな国籍の人がいる。
それぞれの国ごとに、いろんな出し物を披露した。
ベトナムや、スリランカのそれぞれの言葉の歌。
チリの男女6人でのいろんな舞踊。 スペインの感じの衣装と踊りだった。
神父様は、「帰れソレントへ」と「サンタルチア」を披露。
会場は大盛り上がり!
そして一番人口の多い、フィリピンの生バンドに合わせての歌。
ものすごく上手かった。
最後は、今はソロモン諸島にいる神父様からの電子メールの上映。
 ソロモン諸島は、オーストラリアの右上にある島々。
ものすごく未開拓な土地で、布教活動をしているのだ。
映像は、また更に山奥へミサをしに行くというものだった。
3日間かけて、山道を登り谷を渡り、川を7つも越え、道なき道を行く。
やっと着いた部落で、設備も何もないミサを行った。
その部落では、アジア人を見たことが無かったため、(神父様はフィリピン人なのだ)子どもが怖がって泣いていたという。
私たちにしてみれば、肌の色の濃い人たちの方が怖いのに、逆なんだーーと
何か感動した(笑)。
 世界には、そんなお仕事をしている人がいるのだ。
すごいなあ・・・・。

 コンサートが終わって、ごほうびに外食した。
と言っても、サティーのフードコートだけど。
でも、「イタリアントマト」が入っていた。おっ!でっかいケーキ!!
私とそらは早速、イタトマでスパゲティーとグラタンをオーダー。私はついでにキャラメル・ラテなんぞも。
草色くんは、お好み焼き風オムライス。モモは、マック。パパはラーメン。
見事にバラバラなメニューで、お祝いした。
 でも、私のスパゲティーに乗っていた水菜に、ブラシの毛がのっかっていた
のだーー。まあ、よければすむことだったので、横によけて食べたけど。
その後で、一応、そのことを伝えた。
 お詫びに何かくれないかなーーーと思ったけど、「すみません!」と言われただけだった・・・・。
  
      
 061103_0805~0002.jpg


 ん! 世の中そんニャに甘くないのニャ!!

  ヾ(≧▽≦)ノ♪

 おっしゃる通りでございますーーーっ!!

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

まりあちゃも

Author:まりあちゃも
白うさぎ・・40代に突入! 元気に行きますよっ!
黒うさぎ・・ガラスの腰が悩みのタネ
そら色うさぎ・・中2 将来は作家!?
草色うさぎ ・・小5 ちょっぴり臆病な食いしん坊
モモ色うさぎ・・小2 気まぐれな元気娘です♪ 
るちあ   ・・コロコロ大好き♪のアメショーです。
レモン色うさぎ・・1歳☆ 我が家のニューフェイスです(*^^*)

最近の記事
最近のコメント
☆いつもありがとうございます!
最近のトラックバック
Blogpet

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
http://blog41.fc2.com/y/ yumeirousagihrm/ file/20060302191803.gif
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してみました。 ポチッとクリックして下さい☆

FC2ブログランキング

カレンダー
10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
タグリスト

ネコ オーラの泉 鹿児島弁 焼酎 新製品 おめでとう  ポケモン ブログペット エッセイ 鎌倉 

FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも一覧

■ ブログ名:ありすぼっくす
にほんブログ村
るちあにニャン!となりましたら ポチッ☆とお願いしまーす!ヽ(*^^*)ノ
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。