2006/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フナ子と私 ロンポンピアのピアノ編
  「こんな夜に、ホントにいいんですかい、先生~」
  「ええ、さっさと持って行って下さい。お代ははずみますから」
  「そういうことなら・・・ういーっひっひっひっ」
という、悪代官のような会話が聞こえ、ガラガラッと戸が開いた。
同時に息をのむ、智子と教頭。
  「な・・なんだねこれは!」
  「き・・教頭先生・・」
  「真鍋くん、君は何をやっとるんだね、一人で!」
  「え? 一人でってどういうこと?ロンポンピア」
智子、そばにいるロンポンピアに聞く。
  「彼らには見えないのよ、私たちが」
教頭と、解体工事のおじん、おばんたちには、妖精たちの姿は見えていない。
散らかった紙くずや、紙コップ、お菓子や食べ物、飾りたてられた音楽室の中で、ただひとりピアノのそばでオロオロしている、智子だけ。
 ちなみに、この教頭の役は、コマトくん。智子のパパ役。
パパの時はふにゃあ~としていたが、この時は会社員の格好の上に上着を着てビシッとしていた。・・・・・か?(笑)
更に言葉を重ねる教頭。
  「ぶつぶつ言っとらんで、何かわけを言いなさい!」
・・・まあ、自分の悪巧み(?)が、バレるのを恐れるあまりか、妙に強気である。 しかし、夜に一人で音楽室にいる生徒を見て、驚かないはずはないか。
 追い詰められた智子、後ずさりをする。
  「どうしよう・・・助けて、ロンポンピア!」
様子を見守っていたロンポンピア、妖精たちを振り返る。
そして、全員の気持ちを確かめる。
  「わかったわ。  みんな、いい?」!
妖精たち、ピアノから出てきて決然と立つ!
  「OK!」 とソフィール。
ロンポンピア、かぶっていたベールをかなぐりすてて、言い放つ!
  「ふくろにしな
妖精たち、いっせいに教頭とおじん、おばんたちに襲いかかったぁぁーーっ!
何せ、目に見えないものたちからの攻撃なので、あれよあれよと音楽室の隅にひとかたまりにかたまるのが精一杯!
 (この年に、「不良少女と呼ばれて」というドラマが流行ったのだった。
伊藤麻衣子主演でかなりおもしろかった。私は比企理恵さんがいちばんスゴミがあって好きだったわあーー。そしてこのセリフもかなり流行ったのだ)
 
 そして、ジャーーーン!!とピアノが鳴り、妖精たちが人間の前に姿を現し、歌い出す。

   ♪  人間の思い通りになんかさせるもんか!
      人間だけの地球じゃないんだ!
      
      木を切り倒すのも  人間!
      川を汚すのも    人間!
      排気ガスを出すのも 人間!

      自然を壊すのも人間! 夢を壊すのも人間!
      妖精を殺すのも人間!

 姿を現した妖精たちを見て、ふふんと鼻を鳴らし、反撃を開始する
 教頭とおじん、おばんたち!

  ♪   それがどうしたっていうんだい
      オレたちゃー生きてりゃいいのさ!
      生きてくにゃカネが要る!
      カネを手に入れるには
   
    木だって倒すさ! 自然なんか壊したって構やしないっ!

  ♪  カネさえあれば幸せさ 夢なんて言ってられないよ   
          
 立ち上がったセーチュア
   「それが勝手だって言うのさ、自分だけが生きられればいいなんて」
 そしてとどめのロンポンピア。
   「自然を壊す権利なんて、あなたたちにはないのよ!」
妖精たち、さっきよりもすごい力で、人間たちを攻撃する。

・・・・・・そして、誰も、いなくなった・・・・・
   
  あべこべに、ピアノの下に隠れていた智子がおそるおそる出てくる。
 「あれーー? あの人たち、どこ行っちゃったのー?」
 「あそこよ! すごいでしょう!」
ソフィールが指さした場所は・・・・そこへ、舞台の上から月にぶら下がったおばん、星に頭を突っ込んだおじんの絵が出た。
それは、ルジェ役のイセ子が描いたものだった。
 「すっごーーい!」
 「あれで、みーーんな今日のことは忘れちゃうわよ」
と、ロンポンピア。
 「よかったぁーー、これでもう怒られなくてすむのね!」
ホッと胸をなで下ろす智子。
 「せっかくのパーティーなのに、ジャマが入っちゃったわね」
と、みんなを盛り上げる。
 「ねぇー、誰か歌わない?」と、ソフィール。
おいおい、そんな唐突な!  
 「ジューイがいいわ!」と、マーロ。
みんな、ジューイ、ジューイ!と大合唱!
 「えーーっ!?・・・んじゃあ、一曲!」
嬉しそうにテレながら真中に出てくるジューイ。
そして彼が歌った曲は・・・・・
  「オー・ソレ・ミオ」!
会場は、ドッと大受け! 手拍子がどこからともなく始まった。
力の限り声を張り上げて歌うネムオくん。
大きな拍手に嬉しそうなジューイ。
 彼は、大学で合唱部に所属した。

ジューイの熱唱のおかげで、大いに盛り上がる妖精たち。
  「新しい校舎になっても、みんな一緒だよね」
誰かの言葉に、みんな、そうだそうだと口々に言い合う。
ただ一人、ロンポンピアをのぞいては・・・。

    次に続くのだっ! 

   
スポンサーサイト

テーマ : エッセイ
ジャンル : 小説・文学

思いがけないこと
  モモのクラスの同じマンションの男の子が、入院したそうだ。
急に高熱を出してひきつけを起こし、救急車で隣りの市の総合病院へ運ばれた
らしい。
おたふく風邪と、肺炎の合併症ではないかとの診断だそうだ。
その前の日に園で走り回っているのを見ているだけに、信じられない気持ちだ
った。
 「帰らない~!」と言って、いつまでも遊んでいたのに・・・。
子どもは、いつどうなるかわからないよね。
まだ4歳だから、ママはつきっきりだろうな。
そばにいてほしがるだろうし、帰っても心配だろうな。
ぷくぷくしてて、とってもかわいい男の子なのだー。
モモたちは、今日お手紙を書いたそうだ。
早く元気になるといいね。

 モモは今日は、ずっとコトちゃんと遊んでいたそうだ。
草色くんも、やっと今年初めてプールに入ったらしい。
水中ジャンケンをしたり、底に落とした輪っかを潜って取ったりしたらしい。そらも、先日そんなことをしたらしいが・・。
こんなんじゃ、ホントに泳げるようになんてならないよーー。
泳げるようにする!っていう項目を除外したのかしら、公立小学校では。
・・・( ̄  ̄;) うーんこれでいいのか?
まとまった休みをとって旅行に行って特訓するか。(ーΩー )ウゥーン。
ここいらのプールで私が教える・・その間にモモがおぼれそうで怖いぞー! 
何とかしないとねー。

 仙台の叔母が、おせんべいを贈ってくれた。
おせんべいは、お菓子よりもちょっと高くて、我が家ではめったに買わない
ので、とても嬉しかった。
ありがとうございます!! ワーイ♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪


 

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

たまごっち 到着!
  今朝ポストをのぞいたら、小包が入っていた。
これは・・もしや?
宅急便で届くとばかり思っていたので、びっくりした。
さっそく開けてみると、まごうことなき注文したたまごっち!
モモがすぐに遊べるように、絶縁シートを抜いて時計を合わせて誕生させた。
属性はまめっちの男の子!あちゃあ・・・でも、まあいいよね。
それから、まあ・・ピーピー鳴ってうるさいこと。
そのうちメールが来て、幼稚園に入園したぞー。
メールは、ヘンな、なぞっちというのが運んできた。
それから、幼稚園のフリル先生が家庭訪問に来て、歌を歌った。
そして、じーさんもやって来て何やらプレゼントをもらった。
何だかおもしろい。

 草色の授業参観に行く。町たんけんでそれぞれのお店に行った感想を発表
していた。
 「こーれーかーらー、いーっぱんのーはっぴょーーーーうをはーじーめー
まーす」
間延びした言い方で始めの言葉を言い、5人くらいずつ作文用紙に書いたものを読んで行く。
草色くんは最後の班の花屋さんに行った感想だった。
 「いろんな花が見れて、行ってよかったと思いました」
と結んだ。 (〃^∇^)o_彡☆あははははっ
 モモは、昨日、今日と3人目にして初めての、幼稚園の延長保育。
昨日は誰とも遊べずにつらい思いをしたそうだ。
仲間に「入れて~」と言えなくて、ひとりぼっちだった。
同じクラスのお友達がたくさんいたのに・・・。
なので今日は、保護者会に出ずにまっすぐに幼稚園に向かった。
そしたら、コトちゃんと仲良く遊んでいた。(;´д`)トホホ・・
これならもっと遅くてよかったかも・・・。
まあ、楽しく過ごせたみたいでよかったよかった

 あー、朝から頭が痛くてすぐに薬を飲んだので、ひどくならずにすんだ。
明日は何もない。
やーーっとゆっくりできそうだ!


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

オーラの泉
  夕べのオーラの泉は、宮本亜門さん。
世界で活躍する演出家である。
スピチュアルチェックで、子どもの頃、お茶の先生になりたかった。
心が休まる場所は、きれいな風景。そして首を触られたりするのが嫌だと言われていた。
さて、そんな宮本さんの前世は・・・?
 直前の前世は、茶坊主。
茶坊主というのは、政治的な密談の際にお茶を点てる役目の人で、密談の内容
を全て知ることが許されている。
人と人との橋渡しをしたり、細い綱をわたるような過酷な人生を強いられたことが予想される。政治的なことに利用され、果てには長い期間、監禁されて、
首を切られて処刑されたという。
監禁されている間、誰とも会わず話さなくていいことに、安らぎを感じていたのだそうだ。
元々は武家の生まれで、茶坊主として養子に出されたのだという。
その頃の母が、その一生をとても不憫に思って、今世もまた母となったそうだ。
 宮本さんのお母様は、踊子さんだったそうだ。小さい頃から舞台の素晴らしさ、その世界を話して聞かせていたそうだ。
お母様は、亡くなっていらっしゃるが、いつもいつも宮本さんのそばにおられ、メッセージを誰かの口を通じて送っているという。
母の愛、死してもなお海よりも深し!ということだろうか・・・。
 宮本さんは高校生の頃、2年間引きこもり生活を送っていたという。
同級生たちとどう接していいのかわからなかったそうだ。
お茶と仏像が好きなんて、とうてい話が合わないと思っていた・・・。
その間、クラシックや他の音楽を聴きまくり、この世界をどう視覚化できるだろうかと考えていたそうだ。楽しくて仕方がなかったという。
お母様は、ありとあらゆる手を尽くして外の世界へ出そうと試みられたが、とうとう万策が尽きて、「病院へ行ってちょうだい」と言われたという。
それで、精神科へ通うのだが、そこでの医師とのやりとりがおもしろくておもしろくて!とおっしゃっていた。
否定せず、どんどん肯定してくれて、それでそこで勇気と元気をもらい、外に出ることができたのだ。
そこでやっと、生まれることができたんですよ、と江原さん。
それまでは、ずーっと前世の苦しさを引きずっていたのだそうだ。
殻をやぶって新しい自分、新しい人生を歩き始めたのだ。
 「私も実は、茶坊主だったんですよ」
と江原さん。なるほど!と納得。
 その前の前世は・・・。
「イタリアの彫刻家です。建造物の」
と江原さんが言われると、
「ああー、イタリアの建物が大好きなんです!特にアンドレア・パラディオという人の彫刻が」
と目を輝かせる亜門さん。
「たぶん、その人ですね」
   
何と、その人自身だったのだ!
ものすごく緻密で、全てがシンメトリー(左右対称)な彫刻なのだという。
写真も画面に出たが、目の感じがそっくりだった。

 それから、美輪さんを通じて、お母様からのメッセージが贈られる。
 「体のことは大丈夫、まだまだ行けるからためらわずに突き進みなさい!」
という内容だった。
 私が死んだら、子どもたちのことをここまで気にかけるかな・・と思う。
 「あんたたちは勝手にやりなさいねーーーっ」
と、さっさと自分の世界に帰るかも(笑)。
私が帰る世界・・・音楽ときれいな景色と動物たちに囲まれていたいなー。
たぶん、ずーっと歌っていると思う。いろんな人にメッセージと光を届けるために。あの世では、声は潰れないだろうから(笑)。
私の魂の兄弟たちは、歌担当、ダンス担当、智慧担当、作家担当、絵担当の
人たちがいるような気がする。お気楽なメンバーだわ!
あの世の仕事は、地上の人にインスピレーションを送ることなのだそうだ。
指導霊として、専属に教えることもある。
その人の器に応じて、ということだけど。
 
 宮本さんが、人生をまっとうされたら、お母様も安心してご自分の世界に
帰られることだろう。
これからも、体は大丈夫だということなので、宮本さんはますますスゴイ仕事をされて行くことだろう!
観ることができるといいなーーー。  

 

テーマ : テレビなんでも
ジャンル : テレビ・ラジオ

どろんこ遊びと授業参観
  ぐわぁぁぁーーーっ! 今日はちかれたよぉーーー!
まず、10時に幼稚園へ。
今日は、どろんこ遊びのお手伝いの日なのだー。
園庭にブルーシートが敷かれ、泥の入った1メートル四方のプラスチックの
箱が2つ置かれている。
まずは、モモたちのクラスから、園庭に入ってきた。
みんな使い古しのシャツとぱんつと、水泳用の帽子姿。
最初に、泥に慣れるために順番に泥の箱に足をつける。ひとつの箱からもうひとつの箱へ、ひとりずつ。
何だか初めてのことなので、みんなどうしていいかわからない感じ。
そして男の子、女の子に分かれて泥の箱の中に入る。
そこで園長先生が、男の子たちに泥を塗る。「ええーっ!」という感じの男の子たちだったけど、お互いにぬりっこを始め、だんだんテンションが上がってきた!!いいぞーー!
女の子は、ひかえめに泥でだんごを作ったり、手や腕についた泥を気にしたり。元気な女の子が、イヤそうな感じだったのが印象的だった。
 先生が噴水の蛇口をひねると、水が勢いよく吹き上がり、女の子たちもようやく笑顔になった。
 そして、そり遊びの時間!
これは、子どもたちをひとりずつ乗せて、お手伝いのママや役員のママたちが
ブルーシートの周りをぐるっと引っ張って歩くのだ!
小さくて細い子なら、スイーッと歩きやすいけど、太めの子はつらかった!
乗ってくる子どもは選べないし。
 モモも、とーーっても微妙な表情。普段は「さわるな!やめて!」というのを
今日は「さあー、やれ!」って言うのだから。
そして顔も手も足もドロドロになっちゃうのだーー。
 最後に、ドジョウ登場!
ベビーバスに浅くはった水の中にドジョウが20匹くらいうめうめしていた。
それをおそるおそるつかんでみる子どもたち。
女の子の方が、大胆につかんでいたのが、おもしろかった。
 あっという間に、時間切れとなり、写真を撮ってからおしまいになる。
ベビーバスが5個くらいあって、そこでまずスポンジを使って泥を落とし、
石鹸で体を洗って、最後に大きなお風呂の中に浸かる。
サッとシャワーで流して、タオルで体をふく。
 私は、タオルを渡して体をふく係。
ほとんどの子の名前は知っているけど、知らない子もいる。
タオルを探すのもひと苦労。
探したあげくに、まだカバンの中だった!という子もいて、もうタイヘン。
その後は、教室に入って着替えを手伝う。
ブラウスのえりを出してあげて、スカートやズボンをはかせる。
いやーー、幼稚園の子のお世話は大変だわーーー!
 次のクラスも、またそりをひいて、タオルを渡す。
こちらはもう、誰も知らないのでもっと大変だった。
もうーーー、汗だくだったよーーー
 ひと休みして、今度は学校へ。そらの授業参観。
算数の、分数のたし算だった。
そらは、よく手をあげていた。
先生が黒板に図を書くと、すかさず「まあまあ」とか、「全然だめ」とか
ダメ出しをする子がいておかしかった。
私たちの頃は、先生にそんなことを言うと、怒られたものだけどねー。
5分の3+5分の4=10分の7 と答える子が多かった。
でも、そらはちゃんと、5分の7と答え、なぜそうなるのかという理由も答えていて、ホッとした。何を言うのか心配で、大汗かいちゃったよー。
 あーー、疲れたぁ!
これからごはんを作るのだーー、しんどーーー

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

フナ子と私 ロンポンピアのピアノ編
パラダイス


 にぎやかな音楽が流れ、妖精たちが陽気に踊り出す。
これは、その当時に始まった、「うる星やつら」の替え歌なのだっ!


  ♪ ヘンだヘンだうそだろ! うそじゃないわほんとうよ
    そーだそーだうそじゃない たいへんだ・だ・だっ

    どこにも地球には 隠れるとこなどないわ
    妖精たちはみんな どこへ行ったらいいの
    世界はパニックなの どうにも止められない
    落ち着いて考えてみると・・・・

    あっちとこっち そっちとこっち 心すまして
    あっちとそっち こっちとどっち? まだあるのよ
    妖精たちのパラダイス
    心をはずませ 躍れるパラダイス!

  ♪ ヘンだヘンだうそだろ! うそじゃないわほんとうよ
    そーだそーだうそじゃない たいへんだ・だ・だっ

 ソフイールが、しみじみと言う
  「不思議ね、人間の世界にこんな子がいるなんて!」
 智子がうきうきと答える
  「あたしだって! 妖精とパーティーしたなんて言ったら、もう
   みんなタイヘンよ!」
 パープロイズが、喜んでパチン!と手を叩いた。

  ♪ 妖精たちのパラダイス 心をはずませ踊れるパラダイス!

その時、早耳のソフィールが、物音を聞きつける。
 「ちょっと待って! 誰かくる!」
音楽室は、一気にしんと静まりかえり、妖精たちの姿は見えなくなる。
 (舞台上では、ピアノの下に隠れている。)
ポツンと一人で取り残される智子。
 
  不気味に響くピアノの不協和音・・・。
そこに入ってきたのは・・・・?

   次に続く!
   
   

    

テーマ : エッセイ
ジャンル : 小説・文学

かすたどん到着!
 7時過ぎ、エントランスからのインターホンが鳴った。
草色くんの顔が、パッと輝く。
やがて、玄関のインターホンが鳴る。
 「迷っちゃいました!」
と、お年を召した男性が持ってきてくれた。
ごめんなさいね~、ここ、ホントにわかりづらいのよ!
ハンコを押してリビングに戻ると、
 「かすたど~~ん!」
と、絶叫する草色くん。
さっそく、包装紙をやぶり始める。
おじいちゃんからのお手紙が入っていて、そらが読んで聞かせる。
私はお茶の準備。
 お茶ができて、みんなにひとつずつ配る。
 「おいし~~い 」
と、みんな、満面の笑み 
おいしいお菓子は、みんなを幸せにするね~
おじいちゃん、おばあちゃん、ありがとう

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

たまごっち その後
 たまごっちは、結局ネットで注文した。
新品で5000円とかいうのもあって、びっくり!
それでも買う人はいるってことかな。
私は定価で買えたけど。
でも、どうしてこんなにネットにはあふれているのーー?
よくわからない。
その人たちが買うのは、ネットで売るためなの?
もっときれいな売り方をしてほしいなあ。
こういうの、イヤだな。
 届くまで不安・・・。
無事に届いてねーー! (*・人・*) オネガイ♪☆彡 *.:*:.。.: (人 *)

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

DSとたまごっち
 モモは最近、幼稚園が終わった後、お友達と園で遊ぶようになった。
それまでは、さっさと帰っていたのだ。
お迎えに来るモモのお友達のお母さんは、ほとんど、たまごっちを持ってきて
それで時々、子どもたちが遊んでいる。
モモは、ほしいおもちゃがこれまでなかったけれど、ここへきて、たまごっち
がほしいと言い出した。
うちにあるのは、そらが生まれた年に発売された、初期のもの。
今みんなが持っているものは、それよりも大きくてキャラクターもたくさんで
通信もできて・・・と格段に違っている。
でもねえ、未だにたまごっちは手に入りにくいのだ。
友人は、トイザラスに朝早く並んだりしている。
案の定、今日いろいろお店を回ったけれど、どこにもなかった。
 それと平行して、やはりお友達がほとんど持っていて、ずっとほしがっていたそらのために、DSライトを探す。
こちらは2個とか、そんな感じであちこちにあった。
本当は、みずいろがほしいのだが、白しかないのであきらめて白を購入した。
 草色くんには、野球のボール。硬いので家の中で投げるのは禁止。
当たり前だけど。(^ー^* )フフ♪
 たまごっちは、ネットで探すことにして、とりあえず家に戻った。
キャラクターのぬいぐるみのついたストラップだけを買った。
 たまごっちは、持ってる子はたくさん持っているんだけど、どうやって手に
入れているんだろう・・・。
今まで興味がなかったので何の情報もないのだが、これからいろいろ悩まされることになりそうだ・・・(;´д`)トホホ
 モモの熱は、一度平熱に戻ったけれど、夜にまた少しだけ上がっている。
ノドが痛いという。
幼稚園では、おたふくで休んだ子が一人。お兄ちゃんがプール熱にかかっている子もいる・・・。
ノドは要注意。おたふくは誰もかかったことがないので恐怖である。
早くかかった方がいいんだけど、そらは特に。
キケンにさらされながらも、5年生になってしまったよ。
夏はおたふく、冬はインフルエンザの驚異にさらされる、ちびうさぎたちであった。
たまごっちは、無事に手に入るのか・・・。
本人は使いこなせないと思うんだけど。
何だかねえ。
たくさん販売してよ、全くもう! 

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

植物園と公園とホタル
 いいお天気!
今日は、パパが調布市で1時間半だけお仕事だったので、その間私たちは
近くの大きな植物園に行くことにした。
道すがら、子どもたちは英語の歌を合唱する。
そらはちゃんと歌えるが、草色くんはそれらしく、モモはめちゃくちゃに。
そのうちに草色が、合間に「ニャー」を連発してふざけ始め、爆笑する。
 「お前はネコひろしかー!」
とパパが言うと、モモが
 「違うよ、バカひろしだよ!」
と言ったり。(≧m≦)
チャーミーキティーのポイントを稼ぐために、お昼をスリーエフで買いこんで
公園で食べる。
かなり日差しが強くて、腕がじりじり焼けたよー。
 そして、大きな植物園へ。パパはお仕事へ。
入園料は、私の500円のみ。 入り口を少し入ったところのテントに、
いろんな木の実を展示してあった。大きなまつぼっくりやいろんな種類のどんぐりなどを見た。おじさんにそれぞれどんぐりのコマをもらい、園の中へ。
まずは、バラ園をめざす。広い広い敷地に噴水があって、その周りにいろんな種類のバラが植えてあった。もう、時期は過ぎていたのかなー、人はまばらで
花もあまり咲いてはいなかった。
広い芝生を抜けて、建物の中へ。そこには、大きな池があって、いろんな種類のスイレンが咲いていた。
青や、ピンクや黄色や白・・。私はスイレンが好きなのだーーヾ(〃^∇^)ノ♪
リンとした雰囲気と色あいが。ケイタイで写真を撮った。
次は、森の中へ。
下草の緑と、空を覆いつくすほど茂った葉の緑で、空気まで緑色。
緑色に包まれて、心がうるおうのがわかった。
ホウの木の、大きな白い花を見た。小さなかぼちゃくらいの大きさ。
モクレンよりも大きかった。
落ちている木の実や、モグラが掘った穴の跡を見つけて草色は大喜び。
ミミズまで引っ張り出していた。
自然の中で遊ぶのは、とってもいいねーー。
ナナフシを見つけたところで、パパからTELL。
入り口に向かってバラ園を横切って急ぎ足で戻った。
 次は、パパと一緒に違う公園へ。
ここは遊具がたくさんあったので、ひと通り子どもたちは遊びながら進む。
壁打ちのテニスなどをして、クタクタになったので帰ることにした。
 途中でお腹がすいたので、またまたスリーエフで夕ごはんを買いこんで
多摩川の土手を降りた所で、気持ちのいい風に吹かれながら食べる。
ほとんど、そらと草色の胃袋の中に入った気がする・・。
 後は東名高速に乗って家の近くへ。ホタルが見られるという、神社に行く。
通りかかったおじさんに場所を聞き、細い道を行くと・・。
 木の上と、草の中に、2,3匹いるのが見えた。
ほのかに緑色で、ほわーーっと明るく光る。
草の中の2匹は、呼び合い、近寄って一緒に光り、また離れて行った。
たくさん飛び交うのを見たかったのだが、まあ、今年はこれでよしとしよう。

 帰ってきたら、モモが熱を出していた。
あちゃあーー!
ゆっくり休んで、疲れをとって様子を見なければ。

たくさん遊んで、大満足の一日だった。
明日は、あちこち筋肉痛なのを覚悟しなければ・・・。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

かすたどん
 夕方、草色くんが突然
  「かすたどんが食べたい」
と言い出した。
「かすたどん」というのは、鹿児島の「薩摩蒸気屋」というお店が作っている
お菓子である。
ふわふわのシフォンケーキのような生地の中に、とろーりカスタードが
入っている。
私がいつも帰郷する度に買って帰ったり、義父母がお土産に持ってきて下さったりするので、子どもたちも大好きなのだ。
先日、義父が泊まりに来た時に、草色くんは「かすたどん」のお土産を期待
したのだろう。
しかーーし、じーちゃんが持ってきたものは、信玄もちだった!
鹿児島から来たのに、なぜに信玄もち?
と思ったのだが(笑)、それはそれでおいしかった。
草色くんはひそかにがっかりしていたのであろう。 (* ̄m ̄)プッ
 「誰かに買ってほしい」
と言うので、
 「じゃあ、おばあちゃんに自分で電話できるんなら、頼んでみたら?」
と言ってみた。
絶対、嫌だ!と言うに決まっていると思ったからだ。
 そ・し・た・ら!
本当に電話しちゃった! (* ̄0 ̄)/  
 「たくさん送ってくれるって」
と、草色くん、満面の笑み。
まあ、おばあちゃんも、喜んで送って下さると思うのだが・・・。
まさか、私がほしいから草色に電話させたって、思ってないよね。
   よね?
                      よね?
    
     ・・・( ̄  ̄;)

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ママたちの運動会
 今日は幼稚園で、ママたちのクラス対抗の運動会があった。
事前に決めてあった競技にそれぞれ参加する。
最初は、ボールをドリブルして行き、舞台の上の紙皿の3種類のマメを一粒
ずつ隣りの紙皿にハシで移動して、またドリブルして戻り、バトンタッチするもの。私は第一回目のアンカーになった。
途中まで順調だったけど、私の前の人で抜かされてしまい、ビリに終わった。でも、2回戦ででは、ダントツ一位だった!
3箇所で、3チームずつのタイムレースだった。
どうやら、使いやすいハシとそうでないハシがあったらしい。
みんな条件をそろえてくれたらよかったのにねー。
 次は、ジャンケン列車。
ひとりずつから始まって、3回ジャンケンをして負けたら後ろに回る。
私は最初に負けてしまったよ・・・(;´д`)トホホ
 最期に○×ゲーム。
問題に○×のスペースに移動する。5問ずつの出題。
始めは2問め、次は4問めでダメだった・・。
トータルして、モモのクラスは6チーム中3位だった!
賞品は、調味料セット!
みそ、しょうゆ、ダシ、カットわかめ、片栗粉が入っていた。
どれも切れかかっていたので、とても嬉しかった
ちなみに1位は、米2キロ。2位は、洗剤セット。
結構、豪華な賞品だったのだ。
 みんなでわいわい、とても楽しかった。
子どもたちも、入れ替わり立ち代りクラスごとに応援にきていた。
モモは目が合うと笑ってずっと手を振っていた。
競技が終わって帰りに見たら、絵の具のパレットを洗っていた。
 「また小麦ねんどを作ったんだよーー」
と、にこにこして、ずーーーーーっと洗っていた。(≧m≦)ぷっ!
後ろに並んでいた子たちが、あきらめて他の水道へ手を洗いに行っていた(笑)
少し前までは、ちょっと顔を出すと後追いして泣いていたのに、今日はにこにこずっと手を振っていた。
もう、すっかり慣れたんだね。
ホント、良かった。
おみやげにもらったマフィン、半分残しておくね。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

頭痛が・・・
 お昼頃から、夕べ感じていた頭痛が戻ってきた。
今朝は、消防点検があった。
各部屋の探知機をひとつずつ、おっちゃんが器具で具合をチェックする。
・・・・・そのため、部屋はきれいにしなくちゃならないし、うちは
ベランダに避難はしごがあるので、そのスペースを空けておかなきゃならないのだよ・・・。
はっきり言って、すごく迷惑な点検なのだっ
なので、モモはパパに車で幼稚園に送ってもらい、ドタバタと布団を上げたり
テーブルを片付けたり、台所をきれいにしたり。
  ピーーンポーーーン! ( ̄◇ ̄;)エッ
まだ9時半なのに、もうきたの?
おいおいヾ(ーー ) 早すぎるよーーー ( ̄△ ̄;) ( ̄ ̄;)
まあ、いいか・・・。
早く終わるにこしたことはないし。
かくして、後はそうじをしたり片付けの続きをしたりして過ごす。
ふーーっ、気分転換にセブンでお昼にしようかなーーと外に出る支度をしようとして・・・イテテ何か頭痛い☆ ̄(>。☆)イテェ
ちょっと休んでいたら、何かひどくなる一方だよーー。
これからモモのお迎えに行って、その上小学校へ引き取り訓練まであるんだよ
 引き取り訓練というのは、災害の時、学校にいる子どもたちをお迎えに行く
という訓練なのさ。先生に名前を告げて引き取って一緒に帰るのだ。
いつもは校庭に並んでいるのだが、今年は教室に行く。
その前に、こないだの集まりに欠席したお祭り委員に活動費として500円を渡すという仕事もあった。
ああーー、こんな時に・・・:・。・゜゜・(≧◯≦)・゜゜
仕方がないので、薬を飲んでみた。
そしたら、気持ちが悪くもなった・・・(;´д`)トホホ
どうしよう・・・友だちに頼もうかなあ。
・・・( ̄  ̄;) うーん・・・
よしっ! 行ってやるぜ! と立ち上がると、今度はクラクラする。
それでも、外に出て駐輪場に向かう。
と、自転車がゴッチャゴチャで取り出せなーーい!
もう、踏んだり蹴ったり。
ええい、やぶれかぶれだぁぁーーーー!
と、幼稚園に向かった。
 今日は、体操の日。モモは大いに楽しんだらしく、2つに結んだ髪がぐしゃ
ぐしゃになっていた ヾ(@^▽^@)ノ
証拠として、残しておきました!と、先生。
いつになくニコニコしていた。
 それから学校へ。そら、草色と順番に教室を回って家路をたどる。
薬のおかげで、痛むことはなかったし、気持ちの悪さも感じなかった。
(´▽`) ホッ
でも、今日は早く寝よう。
パパと草色は、4時に起きてサッカーを観戦するそうだ。
ぶらじるでしょぉーーー?
が、がんばってくれたまえ


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

オーラの泉
  夕べのオーラの泉は、岡崎朋美さん。
スピードスケートでトリノオリンピック第4位という実績をあげた方だ。
番組の冒頭で言っておられたが、最近のスポーツ選手は美形の方が多い。
岡崎さんも、整ったきれいな顔立ちの方だ。
 
 岡崎さんは、北海道の生まれ。酪農家を営むご両親のもとで、たくさんの
動物たちに囲まれ、自然の中でのびのびと育った。
そんな中で、かなり運動神経がよく、小学生の時に転校してきた女の子が
スケートをしていて、ライバル意識からスケートを始めたのだそうだ。

 「もうー、この方のオーラは、まっかっかですよ」
と、江原さんがにこやかにおっしゃった。
 「そう、まっかっかっかーそらのくもーってね」
と美輪さんが歌った(笑)。
今までのどんな格闘家のゲストの方よりもすごいらしい。
 そんな、岡崎さんの前世は・・・。
まずは、ギリシャ風の長いドレスを着た女性。
火を信仰する宗教の巫女さんらしい・・・・。
最期に火の中に身投げしている。
すごい信念の方である。
 次は、幾重にも重ねた着物を着た女性。不動明王を信仰していて、護摩を
焚いている。
どちらも、火に関係している。まさに、「火の玉女」だと江原さん。
この火のように強い強い信念が、肉体を越えて岡崎さんを走らせている。
 人は、何を信じるかで人生が変わる。何を常に思っているかで、その人となりが作られる。
思っている材料によって、悪魔にもなり、聖人のような人にもなる。
思い、信念とはとても大切なものなのだ。
正しい思い、正しい行いをして幸せに生きて行くにはどうしたらいいのか。
こんな時、あんな時、こんな思いをした、こんなことをした・・。
一体、どうすれば正しかったのか。どう受け止めて行けばいいのか。
それはみんな、宗教に答えがある。
なぜ、人は死ぬの?死んだらどうなるの?なぜ人を殺しちゃいけないの、
なぜ人に迷惑をかけちゃいけないの・・。
それも、すべて宗教の中にある。
しかし、宗教はどれが正しいんだかわからない。
ホントに困ったものだね。
その問いに、見事に答えが見つかる。心の底から納得が行く。
それが本物なのかも。

 岡崎さんのまた違う前世は、騎士の家に生まれながら、大道芸の中に入れられた男の子。そこで、たくさんの動物たちと関わり、いろいろな芸を見に付けることで、運動神経を養って行ったのだという。
スピリチュアルチェックで、ムツゴロウ王国で、たくさんの動物と暮らしたい
と言われていた。その前世では、芸をさせられていたかわいそうな動物たちを
たくさん見ていたので、大自然の中でのびのびと暮らしてほしいと思うのだそうだ。
 結婚の話になると、急にかわいくなった岡崎さん。
お部屋にかわいいロマッチックな置物がたくさんあるという。
まっかっかなオーラの岡崎さんには、あらゆる面で大きな男性がお似合い。
そして何年か後にきっと出会うそうだ。
そして夫婦で、スピードスケート選手を自宅で面倒を見ながら育てて行かれる
らしい。
まずは、4年後のオリンピックに出場することが目標と言われていた。
火の玉女、岡崎さんに今後も熱いエールをおくろう!!

テーマ : オーラの泉
ジャンル : テレビ・ラジオ

フナ子と私 ロンポンピアのピアノ編
マーロルジェ


  「遅れてごめんなさーーい」
そこへ飛び込んできたのは、恋の精のマーロと、涙の精のルジェ。
  「ここの生徒さんかしら・・初恋だったのに、失恋しちゃって・・」

 ♪ あのね、さっき 女の子が失恋したの
   片思いだった みたい
   ポロポロポロ ポロポロポロ 涙こぼして
   なぐさめてあげたいけど・・・・

   私は 恋の妖精  ぼくは 涙の妖精
   どうしようもなくて 2人で泣いちゃった
   ティールルトゥルル ティールルトゥルル
   ティールルトゥルルルー
 
 ルジェが、かわいくすわりこんでエエーンと泣く。
  「もういいのよ、ルジェ、私たちの仕事は終わったんだから・・」
マーロは、優しくなぐさめる。

 この歌の泣いている女の子は、フナ子だと思われる。
2年の時、サケルさんが好きだったフナ子。
180センチと、とても背の高い人だった。ちょっと、ヌボーーっとした感じ
だったけど。
その当時、シャーロットのナレーションをしたコユキが音楽部の部長だった。
何かのビデオをサケルさんが返しにきた時、ピピッとひらめいたらしく、
 「明日の昼休みに、音楽室に返しに行って下さい」
と言ったらしい。
そしてそれを、フナ子に伝えた。
翌日ドキドキして音楽室で待っていると、とうとうサケルさんがやって来た。
あこがれのサケルさんと、2人きり・・・。
 ところが、サケルさんがフナ子に言った言葉は・・。
 「もう、こんなことやめてくれる?」
そしてくるっときびすを返して、冷たく音楽室を去って行った。
    ( ̄□( ̄□( ̄□ ̄;)!!ガーン………
激しくショックを受けたフナ子は、大声をあげて泣いたという。
その場に突っ立ったまま。
 のび太の引き出しに入って、あの頃に行けるのなら、サケルさんに
 「てめっ! よくもフナ子を泣かしやがったなーーっ!」
とケリのひとつでもぶちかましてやるのだが。
 「ピカチュウ、10万ボルト!」
と、電気ショックでしびれさせるのもいいな・・・。( ̄∀ ̄*)イヒッ

 フナ子は、コユキのことも怒っていた。余計なことをした・・と。
でも、その間夢を見ていられたのだから、良かったのかも。
結果はどうであれ・・・。

 泣いているフナ子のそばで、恋の妖精と涙の妖精が一緒に泣いている・・。
涙がかわくのは、涙の妖精が一緒に泣いてくれたから。
元気になれるのは、恋の妖精が魔法をかけてくれたから。
心がほんわか、あったかくなる。
明日が恋しくなる。
笑顔が、心にもどってくるんだよ。

2人で、サケルさんとクロシくんを遠くから追いかけて回った日のことが
なつかしいね・・・。
ピンクのコスモスを2人だけにあげたこと。
そんな、楽しいことだけを覚えておこうね!

  

 

テーマ : エッセイ
ジャンル : 小説・文学

水泳の授業
 今日も、草色くんの水泳の授業は中止になったらしい。
少し雲っていて、気温がほんの少し低かったからね。
もうこれで、3回目だよ。
去年も、一回しかできなかった。
6月だけしか水泳はない。しかも、ほとんど天候不良で潰れる運命にある。
おかげで、そらは泳ぎはおろか、もぐることもできない。
上手な子はスイミングに行っていて、何百メートルも泳げる。
何だかなあ・・・。
私が子どもの頃はこの時期は体育といったら水泳で、かなりしごかれた。
おかげで、ちゃんと泳げる。ま、上手くはないけど・・・。
母校では、桜島で遠泳をするという
・・・・・とっくの昔に、卒業しててよかったよ・・。ε=Σ( ̄ )ホッ
「一生、泳げなくてもいいもんっ!」
とそらはのたまうが、泳げなかったがゆえに、みすみす死んでしまうようなことに陥ったらどうするのだ。
自分の命を守るためにも、必要なことなんだけど。
屋内プールを作るとか、7月も授業をするとかしてほしいな。
夏休みに、いとこのいる種子島に一週間いて、海で練習する・・・のもいいな。そんなバカンスができるといいのに。

 モモは、もう泣かなくなったみたいだ。
お友達と楽しく過ごすことが大好きになってくれたのな。
よかったよ

 そらは、打撲した肋骨がまだ包帯を巻いていないと痛むらしい。
キャンプの時は、すごく痛いはずなのにがんばっていたけれど、
今はその時よりはだいぶましだと思われるのだけど、痛い痛いと言う。
一週間だよね、打ってから。
2週間は痛いよと言われているから、もう少しだよ。
がんばれ!

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

フナ子と私 ロンポンピアのピアノ編
木と水


 地球生まれた 動物生まれた 友達生まれた
 BornBornBornBornBornBornBorn
 誰でも一緒さ 心合わせて 生きて行こうよ
 BornBornBornBornBornBornBorn

 How doyoudo 智子ちゃん オイラは 木の精
 (セリフ)
 気のせい、気のせい・・・なーんちゃって!
 笑ってくれよぉーー! 
 オイラはジューイ! よろしく!

 How doyoudo 智子ちゃん 私はあくびの精
 授業中にやって来る  私はパープロイズ よろしくね!

 地球生まれた 動物生まれた 友達生まれた
 BornBornBornBornBornBornBorn
 誰でも一緒さ 心合わせて 生きて行こうよ
 BornBornBornBornBornBornBorn

この歌の最後では、みんなそろって、でんぐり返りをするのだが、
何と、ソフィールのコリエだけはしていなかった!
後でビデオを見て、判明したのだがフナ子はすごく怒っていた。
気にして見れば見るほど、目立っているのだった・・・。
コリエは、たぶん、あまり運動が得意ではないので、自信がなかったのかなあ
と今にしてみれば思う。
ハッと、タイミングを逃してしまったのかも・・・。 Σ(゜m゜=)ハッ!!
事前に相談してくれればよかったのだが、プライドの高いコリエには言えなかったのかもしれない・・・。
また、「ごめんっ!」と言ってくれたら、笑って許せたのかも。
何となく、そのことがフナ子とコリエの間に、溝を作ってしまったように思える・・・ような、全くそうじゃないような。???

木の精のジューイ役のムネオくんは、あだ名もジューイだった。
その頃は、素朴で飾らなくて、たくさんの女の子の中にいても平気な性格。
音楽の時間に「サンタ・ルチア」を歌い上げたということで、2年生の間では
ちょっとした有名人だった。
そこに、フナ子が目をつけないわけがない・・・。
それは、もう少し後のお話。

 さて、自己紹介はもう終わりかな・・と思う頃、遅れてやって来たのは・・?
それも、次のお話。


 

テーマ : エッセイ
ジャンル : 小説・文学

楽しい休日
 今日は、昨日の父親参観の振り替えでモモだけお休み。
やーーっと布団を干した後、スーパーへお買い物。
サッカーで日本が引き分けだったので、ポイント5倍だったのだっ!
 それからモモのリクエストで、公園に行く。
すると何と、幼稚園のお友達のコトちゃんとキユちゃんがいた。
はじめ、コトちゃんはモジモジしていたが、キユちゃんとモモが公園のお花に
水をかけていたら、「入れて!」と仲間に入った。
 キユちゃんは、幼稚園ではとてもおとなしい。ちょっとしたことですぐに泣いて、帰る頃までずっと手を目から離さない。
それが公園では、とても元気でよく笑ってひまわりみたいにかわいかった。
初めての集団生活。子ども心にとてもとても大変なことなんだね。
モモも、まだまだ馴染んでないし。
始めの頃に迎えに行っていた時間になると、いつも泣きそうになったり泣いたりしている。
がんばって、乗り越えてね、二人とも!
 モモはそのうち、コトちゃんと「だるまさんがころんだ」や、かくれんぼを
して、最後に葉っぱと小枝を集めて水をかけたりして、何やらお料理を作るのに夢中になっていた。公園の白い石畳にちょこんとすわって頭をくっつけあって遊んでいる二人の姿は、とても絵になっていた。
 キユちゃんは他のお友達とずっと水やりを続けていた。
やがて12時を過ぎたので、それぞれの家に帰った。
30度近くあろうかというほど、とても暑かった。
今日はみんな、お昼ねしちゃうかなー。
公園の帰りに今度はまた同じクラスのメイちゃんに会った。
明日また、幼稚園で会おうねーー!

テーマ : ほのぼのと
ジャンル : 日記

父親参観だったのだっ!
 今日は、モモの幼稚園の父親参観。
あいにくの雨だったが、外でやるゲームがホールに変わるだけなのでさほど
影響はない。
先に、モモはパパと自転車で出かけて行った。
私は・・・私の姿を見るとモモが泣くんじゃないかと思ったのだけど、
行きたい気持ちを抑えられず(笑)、後から草色くんと一緒に園に向かった。
 年少と年中は、最初にホールでゲームをする。
パパとママがズラリとたてに並ぶ、その足の間を子ども達がひとりずつくぐって行き、次の子にバトンタッチするというゲームだった。
モモのクラスのお母さんたちの集団に加わって、応援する。
すごい早さでハイハイして行く子、のんびりくぐる子、やる前にお友達とケンカして泣いちゃってリタイヤする子、いろいろでおもしろい!
モモは、すばやくくぐってあっと言う間に走り去った。
これはお姉ちゃんより頼もしいかも! (*'ー'*)ふふっ♪
 そしてお次は、パパたちのゲーム。子ども達は舞台で応援する。
それぞれのクラスの前に色のついた水の入った大きな容器(それを人はベビーバスと呼ぶ)が置かれ、バトン代わりのオタマでその水をすくい、先にある
テーブルに置かれたペットボトルに入れるという、とても地味なゲーム。
スピードではなく、量で勝敗をつける。
それぞれ慎重にすくい、ペットボトルに入れる。床にポトポトこぼれるのを
先生たちがモップやタオルですかさずふいて行く。
意外にも、パパたちの方がゲームに参加しているお母さんたちよりも上手い。
アンカーの誰かのパパ、ものすごーーく慎重に運び、ていねいにていねいに入れた。そのおかげで、2位タイになったのであった!
参加チームは3つだったけど。
 理事長の長めのお話がやーーーーっと終わって、教室に移動した。
私と草色は、早めに行っていた。・・・・と、モモが入ってきたのだが、
   なんで泣いてるのぉーー?
私を見るや、抱きついてきた。パパと工作をする時間なんだけど。
モモは、「ママがいい!」と言ってきかない。
仕方がないので、私と草色がモモと一緒に工作をすることになってしまった。
パパは寂しく、後方でカメラを構えていた。ε-(ーдー)ハァ・・・
 工作は、小麦粉に水と色粉をまぜて小麦粉ねんどを作るもの。
紙皿の上でこねこねする。赤に黄色に青に緑。赤を基調に少しずついろんな色をまぜたら、ヘンな色になったので、赤だけを加えて行き、ようやくむらさき
色に落ち着いた。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
草色は、緑色になった。
ねんどになったところで終了! 
 それから、パパへのプレゼント。みんなは隣りにいるパパに渡すのだが、
モモはひとり、後ろにいるパパのところへ行く。
「パパのうた」を歌い、パパにプレゼントを渡した。
それは・・・ジュースの缶の形のペン立て。上にパパの顔が書いてあり、
カンのお腹には、モモの写真が貼ってある。かわいいペン立てだった。
 「会社に持って行けば?」
と言ったが・・・どうするのかな?

 思った通り、モモは泣いてしまったので、私は行かなければよかったかな・・と思ったが、ホールでたくさんの人の中に入ったとたんに泣き出したと
いう。他のお母さんたちが目に入ったのだろうか・・・。
 来年は、ちゃんとパパと工作してよね!
お願いだから!

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

フナ子と私 ロンポンピアのピアノ編
  「いらっしゃーーーい、智子ちゃん!」
  「いらっしゃーーーい!」
ロンポンピアと妖精たちの声と共に、景気のよい曲が流れる。
それは、ヤマモトタツヒコさんの、「Welcometomyparty」。
そして、幕が開くと妖精たちがうずくまった体制から、パッと立ち上がり、
陽気に踊り出すのである。
そこへ、智子とセーチュア、パープロイズも合流する。
 ダンスが始まる前、「すべるから気をつけてね!」という伝言が静かに伝わった。確かにまだ、完全に乾き切っていない床の感触があった。
しかし、そんなことはかまっちゃいられない!
なんせ本番なのだから! 楽しく踊るしかないのである!
 ダンスシーンに、進んで参加してくれたのは、3年のキトデちゃん。
水の精のレイネとして登場してもらった。
一曲目は、全く問題なかった。
2曲目は「ポチタマ」の最後に流れている「Break away」という
曲。この曲で、舞台に3人を残してみんなで作った、紙粘土のブローチを客席に配る。
あらかじめ予約していた人や、手をあらん限りにのばしてきた人、目で訴える
人・・・後は手当たり次第(笑)。
そしてまたみんな舞台に戻る。
真中に道を作り、左右に分かれてたてひざをつき、一人ずつパフオーマンスを
しながら道を通る場面にさしかかる。
ここで、事件は起こった!
まず、キトデちゃんが側転をしようとして助走でコケた!
パープロイズが何かしようとして! 太陽の精がジャンプして!
ことごとく、すべってコケる! みんな、(゜O゜;あっという顔をして・・
後はもう、手を振り回しながら、すべらないようにすりぬける。
まあ・・・この場面の何ともいえない気持ちといったら!
せっかく、去年のあの失敗を繰り返さないように全員はだしで挑んだのに、
まさか水ですべるとは!  (;´д`)トホホ

 まあ、でもそんなことにかまっちゃいられないのである!
本番のテープは止まらない!
みんな、ダンスが終わるとカンパイのシーンなので、手に手にコップをつかむ
のであった。
 「みんな、用意はいい? カンパーーーイ!」
本当にごくごくコップの中のポカリを飲む。
甘くて、ゼリーをかまずに飲んだようにのどごしが悪い
それもかまっちゃいられない!
次は、妖精たちの紹介の歌、行ってみよう!

  みんなを紹介するわ!  (ロンポンピア)

地球生まれた 動物生まれた 友達生まれた
 BornBornBornBornBornBornBorn
 誰でも一緒さ 心合わせて 生きて行こうよ
 BornBornBornBornBornBornBorn

 How doyoudo 智子ちゃん 私は 風の精
 緑のそよ風  運んでくる私は ソフィール よろしくね!

 How doyoudo 智子ちゃん 私は 太陽
 世界中を照らしてる   私は エルベーラ よろしくね!


   


 



風と太陽

テーマ : エッセイ
ジャンル : 小説・文学

今日はお買い物
  午前中、サティーへお買い物に出かける。
仙台の、先月挙式したいとこへお祝いの品を送った。
2日後かな? 1日で届くかな?
一応、夜の8時~10時に届くようにお願いしたので、よろしくね。

それから、そらのTシャツが小さくなったので2枚ほど購入。
一枚は、「あっこれ、リリーちゃんのと同じだ!」と喜んでいた。
オレンジの横ボーダーで、真中にハートの模様がある。
キャンプの時のパジャマも、色違いのお揃いだったと喜んでいた。
   =*^-^*=♪ (*^-^) ヽ(*^^*)ノ
個性は全く違うけれど、気が合うんだよね。
いつまでも、仲良しでいてほしいな。

それから私は、2階でかわいい折りたたみ傘を買おうと思っていたのに、
パパが勝手にかわいくないのを買っていた
選ぶのを楽しみにしてたのにぃーー((“o(>ω<)o”))クヤシイー!!
がぉ~(((ノ`O´)ノ

一階で食料を買い、帰ろうとしていると、モモが奥のお店にある子ども用スペースに走って行く。赤い屋根の小さなおうちが目に入ったらしい。
モモが遊んでいる間、いろいろな服をゆっくり見て回った。
だいたい、パパと一緒だとゆっくり回れないんだよね。
スカートを手に取って見ていたら、店員さんが近寄ってきた。
 「よかったら試着してみて下さいねーー、こちらはこの部分がゴム仕様に
 なっていますので、着やすいと思いますよーー」
⊂((〃 ̄ー ̄〃))⊃ ふふふ・・・・
何となく「ゴム」が気にかかって、ふっと笑ってしまった。
ってか、軽く気に障る。 ヽ( ̄▽ ̄)ノ 
どーせ、腹が出てるわよ! ( ̄‥ ̄)=3
白っぽいスカートがほしかったんだけど、その場を離れた。

これから、ホタルを見に行くざんす。
見られるかなあ・・・。
きれいだといいなあ・・・。


    



テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

無事に帰りました!
 そら、無事に帰りました!
8時過ぎに連絡が回ってきて、雨がすごいので予定より早く出発する
とのこと。
同級生のお母さんが車を出すというので、乗せてもらうことにしたのだが、
何せ、何時になるか予測がつかないから、やっぱり家で待とうということに
なってしまった。
まあ、普通の体なら待つけれど、そらは肋骨を打撲してるからなあ・・。
荷物を持つだけでも違うかなと思って、てくてく学校まで歩いて行った。
ちょうどバスが学校から出て行き、先生のお話も終わったところだった。
 そらは、とっても元気だった! C=(^◇^ ; ホッ!
なあんだ・・と思うくらいに。
荷物を持ってやって、リリーちゃんと一緒に帰った。
楽しそうに思い出話をする二人。
思い切って、送り出してよかった。
ずっとずっと、雨が降っていたらしい。
それなのにみんな水着になって川で遊んだらしい。
そらは包帯でぐるぐる巻きになってるので入らなかったのだが。
寒い中を遊んだので、熱を出した子もいたらしい。
夕食のカレーは、水を入れすぎてスープみたいだったそうだ(笑)。
いつもへらへらしている男の子たちが、気持ちよく働いてくれて嬉しかった
と言っていた。
 スパゲティーを食べて、今はもう寝てしまっている。
4時くらいに友だちが起きて電気をつけたので、眠れなかったそうだから。

 何事もなくて、ホッとした。
迎えに来てくれてありがとうと言ってくれた。
いつもこんなに素直でいてくれると嬉しいんだけどね。
たくさんの思い出ができてよかったね。
ヒルに噛まれなくてよかったよ。
まあ、ゆっくり寝てください。

さあーーて、私はこれからワガママモモのお迎えだ。
今日はどうだったかなーー?

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

オーラの泉
  夕べのオーラの泉は、佐藤弘道さん。
「おかあさんといっしょ」の弘道お兄さんだ!
もう、歌のお兄さんそっちのけで、弘道お兄さんばかり見ていたよー。
「カッパ何様カッパ様」や「お寿司のピクニック」や「ごめんね、ピーマン」
の時の、ひょうきんな演技が大好きだった。
とーーってもすました顔が、好きだったなあ。

 弘道お兄さんの家では、よく電球が切れるらしい。ケイタイが突然画面が
真っ暗になることも。忙しい!!という思いが影響するらしい。
とてもとても、念の強い、バイタリティーのある方なのだ。
 戦後すぐからお祖父様が始められた焼き鳥屋さんを守って、ご両親は一生懸命働いてご兄弟を育てられたという。あたたかい愛情に包まれて幸せな少年時代を過ごされたのだ・・。
そこで美輪さんと江原さんが、「叱る」と「怒る」は違うというお話をされた。「怒る」のは、その場の感情で子どもに「当たって」いるのだ。
叱るというのは、感情を抑えて教えさとすことなのだ。
怒られると、子どもは瞬間的に恨みを覚える。
愛情と理性によって、子どもはすくすくとまっすぐに育って行くのだという。
 いや・・耳の痛いお話大いに反省せねば・・。
弘道お兄さんのお父様は、「おかあさんといっしょ」の第一回の収録の日の朝に亡くなったそうだ。テレビに映る姿をとても楽しみにしていらっしゃったそうだ・・。危篤状態の時に、お花畑や、流れる川を見たとおっしゃったそうだ。それを美輪さんは、心象風景なのだとおっしゃったけれど、私はズバリ
霊界を見ているのだと思う。その方が納得がいく。
江原さんは、霊界ははっきりした階層に分かれているとおっしゃる。
何によって分かれているか・・それは心の美しさである。
詳しいことは、幸福の科学出版の「永遠の法」に書いてあるので、興味のある
方はぜひ読んでほしい。かなり、すごいです。
この世界は三次元だけど、霊界は九次元、そして・・

 弘道お兄さんの前世は、江戸時代中期の米問屋の番頭さん。
かなりやり手で、しっかりと看板を守ったという。
飢饉の時には、ただでお米を配ったという・・素晴らしい方だった。
ただ・・大切なお子さんをその時代に亡くされている。
だから、すべての子どもを我が子のように大切に思って心を尽くした人生。
うわぁ・・すごい。何かすごい人だぁ!
これから、政治の世界に引っ張り込もうとする動きがあるそうだが、
子どもを対象とした事業を始めるのだそうだ。
誰も今までやらなかったことだそうだ。
そしてそれをお子さんが手伝って行かれるのだそうだ。
おーー!! タレントさんとしてずっとやって行くのかと思っていたけれど、
意外な一面を持っていらっしゃるのだ。
これからも、弘道お兄さんから目が離せないっ


テーマ : オーラの泉
ジャンル : テレビ・ラジオ

キャンプへ!
 ふと、夜中に外を見てみたら、満月に近い月がぽっかり浮いていた。
風はなく、あたりはしーーんとして・・・。
空の色も雲が立ち込めていて白っぽくて。
何だかこれから何か起こりそうな気がして怖くなった。
それから眠れなくて、そらは明日、大丈夫なのか・・そればかり思っていた。

 朝、そらはとっても元気いっぱい!
「大丈夫、行けるよ!」と明るく答えた。
シップを貼り替えて、ていねいに幅広の包帯を巻く。
それから今日の分のお弁当を作り、お茶をペットボトルに入れて。
7時20分、いつもより10分早く5年生だけ出発して行った。
何かあったら必ず連絡してくれるだろうし、先生も友達も、みんな気遣って
くれるみたいだし・・・。
大丈夫だよね!

 でも、お天気がね・・・・。
今晩から朝にかけて、かなり降る予報なんだけど・・・。
そっちの方が気がかりだ。
一日だけで引き上げるとか、そんな風にならないのかなあ。
無事に帰ってきてくれるよねぇ・・・。
電話が気になる一日になりそうだ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

フナ子と私 ロンポンピアのピアノ編
智子 ドリーム


 パジャマに着替えて、セーチュアとパープロイズのお迎えを
待つ智子。


  ♪ 星が輝いて 月の光さして
    あなたの心の夢を うつしてくれる夜

(セリフ) 夜になったら みみずくが目を覚ますわ
     流れ星が落ちた時 妖精たちがパーティーを始めるの
     セーチュアとパープロイズ 早く来ないかなあ・・・

 そこへ、セーチュアとパープロイズがやって来る。
 手をたたいて喜ぶ智子。

  ♪ これからパーティーへ い・く・のパーティーヘ
    よ・る・はこれから 楽しくなりそうだね♪


 

 うちの高校には、旧校舎にあふち(おうち)の大きな木があり、ふくろうが巣
を作っていた。夜になると、ホーウ、ホーウと鳴いていたのだ。
新校舎にも、この木を移転した。ふくろうが巣に戻ったのかどうかはわからないけれど・・。この歌では、何となくみみずくに置き換えた。
その方が雰囲気に合っているかなーーと思ったからである。

 このシーンの後ろでは、こぼした水をふくやら、机を並べ直すやら、飾り付けをするやら、てんやわんやの大騒ぎ。
水は、結構大量だったため、完全に拭き取ることはできなかった。
そして次の妖精たちのパーティーでは、大変な事態になるのだが・・・。
それは、次回のお楽しみ


テーマ : エッセイ
ジャンル : 小説・文学

なんとか学校へ。
 そらは、何とか学校へ行った。
炎症を抑える効果のあるシップを取り替え、30センチ幅の包帯をギュッと
巻いて。
コルセットの方が付け外しが楽だし、コルセットにしてえ~と言いたかったの
だが、たぶん高いから気を使って包帯にしてくれたのだと思う。
それに、暑いしね。
骨折していたのなら、迷わずそれにしたのだろうけど。
包帯を巻いていたら、腹帯を巻いていた時のことを思い出した。
ギューッと巻くと、お腹が軽くなったあの感触。
 でも、そらは胸なので締めすぎると息ができなくなるので(笑)ほどほどに。
学校へ行く時、胸をかばって手を添えながら歩いていた。
もうちょっと、ゆっくり歩ければいいのに、小走りだよ。
登校班だから仕方ないのよね。
私と一緒に行けばよかったのかな・・・・。
まあ、つらくなったら電話してくるだろう。

 それよりも、ずっとマークだったのに、明日はの予報だよ。
そらの学年は、よく雨が降る。遠足は3回くらい雨の中だった
昨日、今日くらいの天気ならいいのだろうけど、明日は降るみたい・・・。
何とか、何とか降らないでやってほしいなあ。

 昨日の草色くん。
学校から帰るやいなや、外に遊びに行き、夕方帰ってきたら、何だかマユを
ひそめてつらそうな様子。
そのうちにゴロンと横になり、気がついたら寝てた
寝不足だったのねーー。

 モモは、ようやくみんなと一緒に給食を食べたらしい。
ピアノのイスにすわるのは、幼稚園のイスが低すぎるからなんだそうだ。
まあ・・ね、いつも高いイスでごはん食べてるからね、家ではね。
って、なんちゅうワガママな
それに慣れて下さい。
幼稚園はずっと、そのイスですからね。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

肋骨を強打!!
 昨日100円ショップで、そらの歯磨きセットや鏡やブラシを揃えた。
ポーチに入れて、夜と朝にお友達と楽しく身だしなみができるように・・・。

 ところが、学校からげっそりした様子で帰ってきた、そら。
聞くと、いつものメンバーといつものようにジャングルジムで追いかけっこを
していて、手を滑らせ・・・。
右側の肋骨を打ちつけたという。
 Σ(・o・;)  ( ̄◇ ̄;)  (o ̄∇ ̄)o!!
そこが息をしても痛いと言う。
そんななのに、リリーちゃんの家に遊びに行ったので、大したことはないと
思っていたのだが、帰ってきたら痛い痛いと大騒ぎ。o><)o
痛いなら、すぐに整形外科に行ったのに、もう終わってるよー!!
そらは、痛い痛いと言いながら、サッカーを観終わってのぞきに行ったら
ぐーぐー寝ていた。
 朝、昨日よりも痛いと言うので、一応病院に行くことにした。
近くの大きな病院は、整形外科が休診。
小児科ではわからないと言われ、追い出された。
 ケッ 使えねえな、全く
これだから専門科されてるところはダメだわー!!ε=(=`・´=) 
2日続けて休ませられないので、違う所に行くしかない。
意を決して、車椅子を引っ張り出し、少し遠くの医院に行ったよ!
やけくそだぜ! _s(・`ヘ´・;)ゞ..
 そこで、レントゲンを撮ってもらう。
幸い、折れてはいなかったが、2週間ほど痛むと言われる。
キャンプがあるんですーー!と言うと、今週いっぱいは感心しないなーと
30センチくらいの幅の包帯を、そらの体にぐるっと巻いてくれた。
後は、本人次第・・・かな。
病院で診てもらったのと、シップをして包帯を巻いたのとで、少し安心した
ようだ。
明日、普通に学校に行ってみて、こりゃー痛くてムリだわ!と判断したなら
キャンプは行かないことにする。
学校から路線バスに乗り、一時間近く歩いてキャンプ村に行く。
カレーを作って、バンガローで寝て、また歩いてバス停まで、バスに揺られて
帰ってくる・・・。
大丈夫なのかな?
何もしないわけにはいかない。ずっと誰かがそばにいるわけじゃない。
何よりも、ずっと痛みに耐えなくてはならない・・。
さて・・どうしますかねぇ。
明日、結論が出るかな?

 全く、どこかに行くとなると、熱が出たり毎度毎度大変なことになるけど、
熱は下がれば問題ないのだが、痛い思いをするとはね。
どうなってんのーーー?
 ε~( ̄、 ̄;)ゞフー


  夕べは、パパと草色が張り切ってサッカーを観ていた。
前半は、1点リードで勝利ムード。
よしよし、明日はポイント10倍だ!
・・・・ところが、最後の最後で逆転負け。
川口くんあんなにがんばってセーブしてたのに、あっけなく2点入れられた。
ここぞ!という時に、シュートしない場面が多すぎ!!
 草色はいつの間にか、ソファーで眠っていたし。
パパは怒ってるし。
草色を何とか子ども部屋に連れて行き、何とかハシゴを登らせて寝かせる。
どんよりムードの中で、パパを放っておいて寝た。
 次は、いい試合をしてねーサムライジャパンよーー!

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

フナ子と私 ロンポンピアのピアノ編
  「ただいまぁーーーっ」
智子、元気いっぱいで家に帰って来る。
  「おやつは?」
智子の母、いつもの調子で尋ねる。
  「いらなーーい」
  「またダイエット?どうせ失敗するのに」
智子、耳に入らない様子。パーティーが楽しみで仕方がないのだ。
  「やーねぇ、うきうきしちゃって・・そうそう、手紙きてたわよ」
  「へーえ、めずらしいわね」
め、めずらしいとは・・・智子は筆マメではなく、電話の方が好きなのかも。  「えっとー、なんとかセミさんて方」
  「何これ、やっだーー、お母さんたら!」
  「えっ?どうして?」
  「進研ゼミよ、進研ゼミ! 全くそそっかしいんだから・・・。でも、し
   つこいわねえ、やったって変わりゃしないのに」
そして智子は、あっかんべーをして進研ゼミの封筒を破る。
勢いよくビリビリ~と破る音が響くのだが、本番では破れなかった(笑)。
ホントに、こういうところまでしつこい、進研ゼミなのであった(笑)。
  「ただいま~」
と、そこへ智子の父が帰ってくる。
  「おっかえりなさーーい、あなた!お風呂にする?それともごはん?」
明らかに智子とは違う反応で、父を迎える母。
  「そのセリフ、よくあるパターン!めしが先だよ、めしめし!」
お父ちゃんは、たいぶくたびれている・・・。
  「お父さん、めしめしって、ぶたみたいにー!」
  「いいじゃないか、25年も平社員なんて、なかなかできるこっちゃない   って!」
  「いばれることじゃないわよ、はい、ごはん!」
お父ちゃん、ごはんには目もくれず、流れてきた行進曲に乗って行進するも、途中で舞台から転げ落ち、あわてて戻って歌い出す。

  ♪ 平社員生活25年 ただいま45歳
    毎朝電車にゆられて 会社じゃ部長にしぼられる
   「あーーあ・・」
そしてまた、いすにドスンとすわってしまう。
曲がまだまだ続いているのに気づき、智子の母、やおら立ち上がる

  ♪ 平社員の妻生活 25年 ただいまン十ン歳
    炊事洗濯そうじ裁縫 お昼にゃ「笑っていいとも」
    だけが友だち
 (セリフ) ヒマでヒマでしょうがないわーー。
    テニスでも始めようかしらぁーー。
    若いコーチでもいれば・・ウフフフ・・・
  ♪ 
    うわきごころーモックモック
    うわきごころーモックモック
    うわきごころーーー

  「お母さん!」
智子、たまらず止めに入る。

  「ごちそうさまーーーっ」
今日は、何もおとがめなしにして、自分の部屋に行こうとする。
  「あら、もういいの?」
母に問いかけられ、ふっと思い出したように振り返る智子。
  「うん・・そうそう、お父さん、お母さん、今日は早く寝てね!」
それは、そのままの意味なのだが、母は異常な反応を示す。
  「ま、い、いやぁね、へんな子ね!」
本番で、あのエイズ事件のようにワッと盛り上がった。
  「おやすみなさーーい」
  「あら、お風呂は?」
  「だって水だもん!」
ガス式で後からわかすものだったのか、水加減を調節するタイプだったのか
は、わからないが・・・。
  「えっ?あれぇー? あははは」
  「笑ってごまかさないの!」
すると母は・・・
  ♪ 笑ってゆるしてぇーー  プォァ!
とやる。母役のネダカさんは、2年のトップの成績で、普段は誰とも話をしないという。そのネダカさんが、舞台でギャグを言うなんて!
フナ子が密かに客席に仕掛けておいたテープレコーダーには、「ネダカさんが」「ネダカさんが!」というどよめきの声が多数入っていたらしい(笑)。
もちろん、その場も、大爆笑だった。
 
 智子の冷たい視線で我に返った母は、
 「お休みなさいませ、お嬢様」
と、ていねいにあいさつ(笑)をする。
 「お休みなさい」
ネダカさんの言い回しにつられて同じ言い方になった、リヨ子だった。

そして、サーーッと幕が引かれ、食卓が片付けられる。
その時、水差しを誤って倒してしまい、舞台上は水びたし!☆<( ̄□ ̄;)>
あわててモップで拭き取ろうとする裏方さんたち!
パーティーの飾り付けをする裏方さんと妖精たち!
フナ子は泣きそうになっていたが、必死にこらえてみんなを見守る。
もう、幕の中は大騒ぎ!
 ヽ(´Д`;ヽ≡/;´Д`)/ ヽ(´Д`;ヽ≡/;´Д`)/

 幕の前では、薄いタマゴ色のパジャマに着替えたリヨ子が、登場する。  その、かわいらしい歌は、次回へ続く! 
続くったら、つづく!    
       

テーマ : エッセイ
ジャンル : 小説・文学

月曜日だぁーー!
 月曜の朝。
何と言っても、この解放感がいいよねーー! 
そらの不平不満にムカムカピリピリすることもないし、モモのイヤダイヤダ攻撃に悩まされることもないし、草色の騒音に悩まされない。
あーー、もう、昨日なんかは何度噴火したことか
あまりに腹が立ったので、そらのキャンプ用の買い物に行くのをやめたのだった。 まあ、ジャージがなくても何とかなるっしょ!
いとこのななみちゃんのお下がりは、黒いからイヤだと文句を言うし。
持ってるので間に合わせるよ。
乱暴な言い方を注意すると、私に食ってかかるので、ついこちらも言い返して
口ゲンカに発展するのだ。
もうーー!! o(*≧д≦)o″))
モモに「うるさいっ、チビはあっち行け!」とか、草色に「バカ!」などなど
はじめは聞き流しているんだけど、どんどんエスカレートして行くのでそれを
止めようとすると、私とのバトルになるのだ。
お互いに遠慮がないので、それはもう・・・
 ε-(ーдー)ハァ・・ (;´д`)トホホ  (((p(>o<)q)))!!!
何とかなりませんかねぇ。
私が黙っていればいいのかな。
でも、黙っていられないのよね。

 草色くんは、廊下の壁に両手両足を広げて登ろうとするし、モモをけしかけて走り回るし・・。
 モモは、全く言う事を聞かない。
反抗期なのかい? イヤダイヤダばっかりで。

  ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
おだやかに過ごせないもんかねえーー。

今日は、サッカー日本代表の試合がありますねぇーー。
きっとパパはソッコーで帰ってくるんだろうなあ。

近くのスーパーは、勝ったらポイント10倍、引き分けると5倍になるのだ。
なので今日のお買い物は必要最小限にしておいた。
使いきりカメラと虫除けミストは、明日買うことにしたのだ。
すんごい混むんだろうなあ・・・きっと。
さて、どうなりますやら。

テーマ : ひとりごと。
ジャンル : 日記

低反発マットの寝心地
 金曜日に、パパが低反発マットを買ってきてくれた。
さっそくそれで寝てみた。
さて、寝心地は・・・?

 土曜の朝は、いつもならようやく少しだけ寝坊ができるのだが、
    腰が痛くて寝てられない!
これは・・・腰痛覚醒マット なんぢゃないの! o( ̄ ^  ̄ o)

 さて、日曜の朝は・・・?
あれれ? 腰は痛くも何ともないぞ! (^○^)

高さは10センチ未満かな。
もう少し寝てみて、効果を確かめてみよう!
本当は、肩こりが治ってほしいのだけど・・・。
治ってくれるといいな!

  ちょっと、夏は暑そうな予感がするけどね。 ・・・( ̄  ̄;) うーん 

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

まりあちゃも

Author:まりあちゃも
白うさぎ・・40代に突入! 元気に行きますよっ!
黒うさぎ・・ガラスの腰が悩みのタネ
そら色うさぎ・・中2 将来は作家!?
草色うさぎ ・・小5 ちょっぴり臆病な食いしん坊
モモ色うさぎ・・小2 気まぐれな元気娘です♪ 
るちあ   ・・コロコロ大好き♪のアメショーです。
レモン色うさぎ・・1歳☆ 我が家のニューフェイスです(*^^*)

最近の記事
最近のコメント
☆いつもありがとうございます!
最近のトラックバック
Blogpet

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
http://blog41.fc2.com/y/ yumeirousagihrm/ file/20060302191803.gif
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してみました。 ポチッとクリックして下さい☆

FC2ブログランキング

カレンダー
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
タグリスト

ネコ オーラの泉 鹿児島弁 焼酎 新製品 おめでとう  ポケモン ブログペット エッセイ 鎌倉 

FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも一覧

■ ブログ名:ありすぼっくす
にほんブログ村
るちあにニャン!となりましたら ポチッ☆とお願いしまーす!ヽ(*^^*)ノ
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。