2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フナ子と私  思いつき編
   フナ子は現在、出張ピアノ教師をしている。
生徒は40人前後というから、忙しい日々を送っているみたい。
時々、移動中の車から私に電話をしてくれる。
 ・・・・・・・ヾ(≧ω≦*)オイッ!! 
         そりはチミ、ルール違反だっ!!

   ・・・・・・・まあしかし、鹿児島の山道をのんびり一人で走っている時なんだろうから(ホントか?)
 許してやって。(*^^*)

 今日は、リヨ子の家へレッスンに行く途中だった。

 その中でフナ子が、高校一年の時の話をしてくれた。

  何とフナ子は、高一の前半に10日以上学校を休んでいたという。
その間、病院に何度も行き、心臓やら内臓やらの検査も受けていたらしい。

 フナ子は、私の隣りのいずれも個性派ぞろいでおもしろいクラスだった
のだけど、最初はさすがのフナ子も馴染めなかったという。
朝、学校に行くと、みーーーんな英単語のカードを見たり、教科書を広げている。
2時間目の休み時間に早弁したり、購買部にパンを買いに行ったりする人は・・・いなかった。
みーーーんなマジメで優等生で。
そんな空気がたまらなかったんだろうなあ。

 ・・・・・・・まあ、私もそうだったけど。  (*≧m≦*)ププッ

 私も、やたらにニコニコして、周囲になじもうと・・・・努力はしてないけど、まあそれなりに
一応、毎日学校には通っていた。


 そしてある日フナ子は、おもしろい女の子を発見したのだという。

 いろんな声を出す、小さめの女の子。

 それが、私だった。    

 らしいよ。

 その頃の私は、声優に憧れていたからね。
 
 それからフナ子は、学校を休まなくなり、

  そして、

 ミュージカルに出会ったのだ!!


 私たちは、成績がどん底だったのにもかかわらず(爆)、
ものすごく楽しく高校生活を送った。

 今にして思うと、かなりひどく周囲とかけ離れていたけれど、
そんなこた、まーーーーったく気にもせず、突っ走った。

 
 ひとりでは、何も行動を起こせない私が、自分たちでミュージカルを作って上演する
なんていうおもしろいことができたのは、フナ子のおかげだ。
 フナ子が、私の中に興味深いものを発見して、引き出してくれたのだ。

 それと同時に、馴染めない環境に戸惑っていたフナ子は、私を見つけたことによって、
更にミュージカルに出会ったことによって、本来の輝きを取り戻したのだ。

 そこに、キョーレツな人物、森先生とミュージカルの存在があったこと。
 
 また、その頃の一年の担任の先生たちが、最恐の物理の先生に召集をかけられて
よく飲みに行っては生徒たちのことを熱く語り合う仲だったということを知ってびっくり。
 
 そのことは、2年ほど前の同窓会でフナ子がトサ先生に聞いたという。
いや~、あたたかい目で見守られていたんだね。
私の目には、みんなそれぞれよそよそしい感じだったけど、トサ先生とサナ先生はいつも
同じ準備室にいらしたなあ・・・。
  

 そして一年後に出会ったリヨ子もまた、フナ子によって見出された一人だ(笑)。

 リヨ子も、その後の私にとって、なくてはならない大切な友達だ。


 出会いって、友達って、不思議な縁なんだなあって思う、今日この頃である。


 
スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

ひょんなところで
  これを書くのには、「フナ子と私」を進めなければならないのだけど・・

 えーと・・・短大を卒業してから・・・その短大は、今はもうない!!

     ( ̄□ ̄;)ガーン( ̄Д ̄;) ガーン

 母校がないって、どーゆーことよ!
まあ、企業にも学校や幼稚園も、就職難な時代なので学校も多大な影響が
あるのでしょーーなーー。

     ・・・( ̄  ̄;) うーん

 いろいろありまして、いろいろなことをすっ飛ばして、

 そこらヘンはまあ、近いうちに書くことにして、
 何だかこんだかで、

  「劇団 少年記」 なる劇団を結成したのだった。

 団長は、フナ子。 私は副団長だったさー。自覚はなかったけど。
 オールマイティーなフナ子がすべてやっていたので。

 なぜか、ひとつ下の短大のミュージカル同好会の子が、モル教の教会で
劇団四季の「夢から醒めた夢」をすることにしたのだけど、
教会の人が外れて行き、教会とは何の関係もない私たちに話がもちかけられたのだった。
このミュージカルは大好きで、CDの歌を全て覚えるほど聞き込んだ私たちだったので、一も二もなく引き受けたのであるが、
話をもちかけたマルちゃんとグミちゃんが、実は何のダンドリもしていないということに業を煮やしたフナ子が、すべての指揮をとる結果になった。
そしてフナ子がかき集めたメンバーで、劇団少年記を結成したのだ。

 なので、少年記の旗揚げ公演は、なぜかモル教会なのである。

  夢の配達人とデビルは、マルちゃん。
  ピコは、グミちゃん。
  マコは、私。
  マコの母が、マルちゃんと同期のユミちゃん。
  メソに、フナ子。
  エンジェルは、リヨ子。 かわいらしいリヨ子の雰囲気に合わせて
   本当は男性の役を、ぽや~っとした女の子にした。
  ヤクザに、おもしろい動きをするニシダ。
  暴走族に、グミちゃんの妹。当時高校生。
  サラリーマンに、ハギちゃん。
  おじいちゃんに、カンちゃん。
  おばあちゃんに、ひゅうがちゃん。

 内容は、著作権になるかもしれないかもしれないので書かないけど、四季からは、台本と楽譜は自分たちでやりなさいという条件で許可が出たらしいよ。

 なつかしいメンバーたち。
 しかし、いずれも劣らぬ強烈な個性の持ち主たちだった・・・・。


 んで、今日の本題に入るのだ。

 フナ子は、同じ短大の音楽学科ピアノ科のハギちゃんと共に、フナ子が持っているヤマハのすごいエレクトーンで曲をカセットに録音して行った。
一曲ごとに、カセット一本。
どれくらいの数になったのかなあ・・・。
それを音響係の裏方さんが、せっせとかけて行くのだ。
私は、録音に立会ったり単に見ていたり、直接は関わらずともその様子をいつも見ていた。

 だからなのか!

 今回、モモの幼稚園で何の因果かカセット係になって・・。

  練習にさんざん使ったであろうカセットをそのまま運動会で流すこと。

  入場と退場の曲をA面とB面に入れて、入場曲をかけた後、急いで
 小さなカセットデッキで早送りしてB面の退場曲を流すこと。

そのやり方に、激しく憤りを覚えたのである!

 こんなもんかーーと思えばそれでいいんだろうけど、

 練習用と本番用は、きちんと分けんかい!
 曲はA面のみ、カセット一本に一曲にしてよ!

 劇団から離れてかれこれ10年以上経つのに・・・・。
ひょんなことが、思いがけず染み付いているものだなあ・・と思った。

     <(; ^ ー^) マイッタマイッタ




  

テーマ : エッセイ
ジャンル : 小説・文学

フナ子と私  短大編  新人公演 本番☆
  新人公演の当日を迎えた。
この日のために、一枚400円のチケットを手作りして印刷して切って、
一人20枚くらいのノルマを課され右往左往。
あまり人に物を勧めるのが好きではない私。
手元にはいつもたくさんのチケットが・・・。
でも勧めてみるとみんな、快く買ってくれた。
みんな、それぞれ苦労していたんだろうなあと今では察しがつく。
バンド活動や、発表会やらで。
鹿児島大学に売りに行ったこともある。
そこで高校の先輩に会い、「今日の昼は、スうどんだなあ」とボヤきながら
買ってくれた。
あまり話したことのない先輩だったけど。
 その他、テレビや新聞に宣伝してもらいに行ったり、ポスターをいろいろ
貼ってもらいに行ったり・・いろいろしたなあ。
それはその後も続けてやったけど。

 当日の午前中は、本番前の通し稽古。
  「声が出てないよ!」
  「もっと大きく動いてー!」
と、照明その他の裏方をして下さる先輩たちからのきびしいダメ出しが飛び交う。
そこは、鹿児島文化センター・・・の隣りの市民センター。
一応小さな舞台があるのだ。
通し稽古が終わると、2階にある楽屋でお弁当を食べて、メイクに入る。
舞台用のメイクではなくて、ごく普通の化粧をする。
男役は鼻が高く見えるように、鼻の両脇は濃い茶色のアイシャドー、まん中は
白く塗る。
3つ上の、この同好会を作った先輩がタカラヅカのファンで、メイクの仕方とかを伝授したのだという。
まぶたは、思い切り青。
フナ子はもともと目鼻立ちがはっきりしているのでよく映えた。
むら吉は広めの顔なので、まあ普通よりははっきり見えたかな?
私たち女役は、ほんわかピンクを回りにぼかし・・・。
自分の顔を見て、どひゃーーーぁ!!とびっくりした。
首から上が、ロウ人形やあぁ~っ!!
ここでも先輩たちが、一人一人についてメイクを施してくれた。
 
  さあ! 2時!! 第一回目の本番!!
本番は、いいねえ~・・・出来はともかくとして。
普段より数倍いい気持ちで演技ができた・・・私なりにね。
この時の写真を見ると、髪はぐしゃぐしゃだし、服はモコモコだし、悲惨な
格好だーー。
    ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
でも、いいのだ!!
やりとげた実感だけがこうやって残っているし。

 後でビデオを見て、憧れの男役を演じた部長のアンコは、自分の姿にショックを受けて、もう舞台に立たない!と宣言した。
もともと内股で歩く彼女は、ガニになりきれなかったのだ。
トサ美も思うとおりの自分ではなかったらしくて、辞めると言い出した。
まあ、それぞれの思いがあったのだよね。

 そんなこんなで、新人公演は終わった。
打ち上げに天文館(繁華街である)に繰り出し、ドンチャン騒ぎをした。
女ばかりなので、誰も大事には至らず、家に帰った。
大変で、幸せな一日だった。
    (^ー^* )フフ♪

テーマ : エッセイ
ジャンル : 小説・文学

フナ子と私 短大編  新人公演
  新人公演の台本ができ上がった。
 題名は「鏡の詩」。
鏡の国の王女アリスが15歳になったので、人間界へ修行に行く話なのだ。
お付きの妖精、夢織り職人のルーチュアとアモアを連れて。
そこで出会う人間たちは・・・。
 東大受験に燃える、悟。そして学歴だけは高いおじさん。 
 スラム街に暮らす、スティーブとその姉、スティーブの恋人。
そして、アリスの父と母。

 アリスの健闘むなしく、悟は受験に失敗するし、スティーブは恋人と別れるし、姉とケンカするし・・・・。
夢を見ることをしなくなった人間たちに妖精たちはどうすることもできず・・。
そんな時、アリスは鏡の国の神、ククール・カーンにお願いに行こうと思いつく。
スティーブの姉をのぞいたみんなは、アリスについて行く・・・。 
 まあ、そんなお話だった気がする。

 アリスは、私。新人公演なので、経験者優遇ってことで。
 悟は、むら吉。
 スティーブには、部長のアンコ。念願の男役なのだ。
 スティーブの姉には、威厳と迫力のある(笑)、ヤーコ。
 妖精突っ込み役、アモアにエリ。 ボケ担当ルーチュアにミハル。
 アリスの母、女王アニーヌにヤサ子。
 アリスの父、セイレーンと学歴の高いおじさんに、フナ子。

夕方からの練習には、台本の読み合わせや柔軟体操、発声練習など。
その他の時間に、フナ子は一生懸命、歌や曲を作っていた。
ンモモ先輩に相談したり、ピアノ室にこもったり、帰ってからも。
私を含め、他に曲を作れるメンバーがいなかったので仕方がない。
フナ子は本当に大変だったと思う・・・。
でも、公演までの日を割り出して、着々とスケジュールを立ててホールを予約
したり、立ち稽古の日、衣装合わせ、メイクの練習など・・・。
何でもこなして行く姿は、本当にあっぱれであった。
私たちも、時々練習に訪れる先輩たちにしごかれながら、練習に明け暮れた。
 そんな時、事件が起こった。
衣装の担当をする!と名乗り出たヤサ子。
まあ、他のメンバーの衣装は、妖精はレオタードにオーガンジーのスカート、
人間は普通の服と簡単なものだったのだが、女王のアニーヌは、黒のドレスに
したい!と取り掛かっていた・・・のはいいんだけど。
だんだん、練習に出て来なくなった。
 「衣装を作るのが大変なんです!」
と泣きながら訴えても・・・ねえ。
幸い、登場する場面は少なくて人間たちとのからみはないんだけど、
ダンスとかはいてもらわないと困るのだーー。
しかも、自分の衣装でしょ?それも、とーーーっても凝ってるという話。
彼女のでき上がった衣装を見て、心から「すごいねーー!」と言ったメンバー
は・・・たぶんいなかったと・・・・思う。
胸のあたりがものすごく複雑な模様で、スカートはながくてヒラヒラで。
 コリエといい、ヤサ子といい、衣装担当が問題人物になるのは何故だ?
たぶん・・・やっぱり大変なのだよね。
衣装担当は、役者がやってはいけないのかも知れない。
 その後、ヤサ子はみんなとギクシャクしはじめ、公演が終わるとやめてしまった。
ヤサ子は・・・わーーーっと来てフナ子と私の家に泊まりに来たり、さんざん
仲良くしていたのに、やめてからは授業で顔を合わせても知らん顔していた。
前期仲良くしていた子にも、知らん顔だった。
たぶん、熱しやすく冷めやすい性格なのだろう・・。
何だかとても寂しいね。
今も、そうなのかなあ・・・・。

 まあ、何とかヤサ子の衣装ができ上がったので、みんなホッとして練習に
励んだ。
休みの日は、朝から晩までリズム室に缶詰め。
近くのお店にパンやお弁当を買いに行ったり・・・。
時間をあんなにたーーーっぷり贅沢に使えたのは、たぶん短大時代だけだったと思う。
今から思うとキラキラした思い出だけど、もどりたいとは思わないかな。
あの頃はあの頃なりに、悩みや苦しみがあったから。 
 
 

テーマ : エッセイ
ジャンル : 小説・文学

tag : エッセイ

フナ子と私  短大編
  今日は、フナ子の誕生日。
15で出会ってから、25年の付き合いになるのだ。
キミも40だねーー、おめでとう!! PAN!( ^-^)∠※.。・:*:・゜`☆、。・:*:・゜`★

  さてさて、短大1年生の時の話。
5月の連休に、「青少年研修センター」へ合宿に行った。
駅の近くで先輩たちとそばを食べて、バスで向かった。
私たちは楽しくて楽しくて、嬉しくて嬉しくて、はしゃぎっ放しだった。
何を話したんだか、全然覚えてないけど☆
 その合宿では、1ヶ月くらい先に予定されている先輩たちの公演の練習が行われた。振り付けや台本の読み込みや・・・。
私たち一年生は、先輩たちの練習を横目で見ながら、演技や発声練習を繰り返していた。
夢のような2日間を過ごし、天文館でケーキを食べてお開きになった。
 その一週間後だったか、二週間後か、突然先輩たちは、公演を中止すると私たちに宣言した。
何でも・・・仲間割れのようだった。
リズム室でみんなで輪になって体育すわりをして、部長のンモモ先輩の話を聞いた。
 「何でやめなきゃいけないんですか!」
エリが泣きながら抗議する。
 「もう、一緒にやって行けないの」
何が原因で、どうなったからという説明は一切なく、ただ中止するの一点張りだった。
一年生は、みんな泣いていた。私を除いて・・・。
私はこういう時、つられて泣くなんてことはしない。
そんな説明で納得してなかったし、中止したことに腹を立てていた。
私は、舞台に立ちたかった。そのチャンスをつぶされたのだ・・・。
でも、槍玉にあげられた先輩がちょっとかわいそうで後で涙が出てきたけど。
私はその先輩が好きだったから・・・。
その頃、とても真面目な性格の私は、けだるい雰囲気で自由奔放なその先輩に
憧れていたのだと思う。
とってもとっても、大人に見えた。
まあ、自由奔放・・ってところに問題があったんだろうけど。

 公演が中止になってから、先輩たちはめったに練習に顔を見せなくなった。
そのまま夏休みに入り、2学期を迎え、文化祭の姿が見えてきた頃、また
リズム室は活気にあふれた。
ンモモ先輩の台本をもとに、文化祭のトリを飾るミュージカルの練習が始まったのだーー!
 フナ子は、ンモモ先輩を尊敬していた。
同じ脚本を書く立場として、ンモモ先輩の語る言葉に酔いしれていた。
ンモモ先輩は、夢見る少女が父の背広を着ているような・・・感じ。
もさっとした雰囲気だが、あけっぴろげでかわいい性格。(^ー^* )フフ♪
ンモモ先輩も、フナ子をとてもかわいがっていた。

 文化祭のミュージカルは、ある劇団の話。
スポンサーが亡くなり、みんなバラバラになる。
その、やめていく団員たちが一年生の私たち。
「一世風靡セピア」の曲によるオープニングダンスの後、捨てゼリフを残して
一人ずつ去って行く。
その後は、途中でペアのダンスを踊り、エンディングのめでたしめでたしの華やかなダンス。
本番は、いつも練習しているテンポよりものすごく遅くて面食らったけど、どうにか笑顔で踊った。
市内の中心にある、大きなホールだったのでとても嬉しかった。
 
 文化祭の後は、私たち一年生の「新人公演」。
脚本は、フナ子。
この頃、私は同じクラスのヤサ子と仲良くなった。
ミュージカルにとても興味を持っていて、入部したいと言ってきた。
ヤサ子はとても明るくて、カラカラとよく笑っておもしろい話をするのでみんなともすぐに打ち解けた。
その後、いろいろと問題を起こすのだが・・・それはまた、いつかの話。
 
 



テーマ : エッセイ
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

まりあちゃも

Author:まりあちゃも
白うさぎ・・40代に突入! 元気に行きますよっ!
黒うさぎ・・ガラスの腰が悩みのタネ
そら色うさぎ・・中2 将来は作家!?
草色うさぎ ・・小5 ちょっぴり臆病な食いしん坊
モモ色うさぎ・・小2 気まぐれな元気娘です♪ 
るちあ   ・・コロコロ大好き♪のアメショーです。
レモン色うさぎ・・1歳☆ 我が家のニューフェイスです(*^^*)

最近の記事
最近のコメント
☆いつもありがとうございます!
最近のトラックバック
Blogpet

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
http://blog41.fc2.com/y/ yumeirousagihrm/ file/20060302191803.gif
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してみました。 ポチッとクリックして下さい☆

FC2ブログランキング

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
タグリスト

ネコ オーラの泉 鹿児島弁 焼酎 新製品 おめでとう  ポケモン ブログペット エッセイ 鎌倉 

FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも一覧

■ ブログ名:ありすぼっくす
にほんブログ村
るちあにニャン!となりましたら ポチッ☆とお願いしまーす!ヽ(*^^*)ノ
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。